ミニチュアワンダーランド Miniatur Wunderland 

前回のブログでも書きましたが、私のとっても好きな博物館の1つは、ドイツのハンブルクにあります。
Miniatur Wunderland
ドイツ語発音 ミニアトゥーアヴンダーラント
⇒英語版ホームページはココをクリック
⇒日本語版ガイドブックはココをクリック(記載情報は微妙に古いです)

オープニングは2000年。ハンブルク市の新しい開発エリアのハーフェンシティ(港町。ちょっと前までは危ない地帯だった模様)の古い赤レンガ倉庫の1つが博物館です。
0102171.jpg
lakme@博物館入り口
鉄道模型の博物館は、双子の兄弟の一人の小さいころからの夢で、兄弟を含め、父親、その他の援助を得てこの博物館は立てられたようです。(お母さん、鉄道おたくの息子達がこんなに大成功して、さぞやお喜びでしょう・・・。)
0102172.jpg
前回のブログのテーマ、ハーフェンシティにできたコンサートホールDie Elbphilharmonie
訪問者の数は、すでに15000000人を超え、ドイツ一の観光地となっています。
0102173.png
Die Elbphilharmonieの中が見られるように、ぱっくり割れてくれるのです
開館時は、ドイツ、オーストリアをテーマにした町のみだったそうですが、その後拡張を続け、現在9つのセクション(中央ドイツ、ドイツの架空の町、オーストリア、ハンブルク、アメリカ、北欧、スイス、空港、イタリア)があります。現在の敷地は1300M2。
0102174.jpg
ハンブルク?の夜の風景
毎15分ごとに昼と夜のセッティングになり、335000個のライト・電灯を始め、930台の列車、14450台の車両のライトも夜を照らし出します。
0102174x.jpg
lakme@Hamburg(多分)
山や町のあちこちには、ドラマが沢山隠されています。日常の世界であったり、コメディーだったり、殺人事件、ラブロマンス、大人のエッチな感じなこと、あり得ない設定から、昔話のキャラクターまで、いろんな「お楽しみ」が無数に散らばっています。
0102175.jpg
壁のない管制室
コンピューターは全部で64台。この管制室は、何年か前にできたもので、どんな風に広大な敷地と沢山の模型を制御しているかが見られます。まるで、ビルのセキュリティーシステムのある部屋のようになっていますが、働いている人達は、みんな楽しそうにお茶とかお菓子とか片手に仕事をしています。
0102176.jpg
双眼鏡を持ったlakme。遠くまで見えて楽しかった。
とにかく見どころは沢山あるので、今回の訪問は一昨年できたイタリアセクションが目的だったので、他の部分は時間をかけませんでした。でも、双眼鏡があると、遠くの思わぬものが見えたりします。
0102177.png
スイスセクションの山々
左手奥の雪をかぶった山の中央辺りにベージュの何かの群れが見えますが。。。
双眼鏡を通してみると、裸の男女が山を駆け下りてきているのがわかります(爆笑)。双眼鏡、皆さんも是非!
0102178.jpg
犯罪現場@イタリアの町
ビルの地下が見えるようになっていたのですが、どうも、強盗が右から地下道を通ってやってきているところを、壁を隔てた左側で警察が銃を構えてまっているようです。
01021710.jpg
ポンペイ@イタリア
ポンペイの遺跡には、廃墟となった古都と、ミイラ化した人間や犬、そして、周りのお土産物屋さんなんかが展示されています。
01021711.jpg
海岸@イタリア
細かいですよ。いろんな細部をじーっと見てみると、壁から咲いている花とか、イタリアのスクーターVespaの細部とか、本当によくできているな~と感心。鉄道模型おたくっていいじゃないですか!!!

ということで、これで4度目?のMiniatur Wunderlandでしたが、いつ行っても楽しい。ハンブルク滞在最後の日に行ったのですけれど、実は、パートナー氏とお洒落に夕食に出かけるはずが、昼ごはんを食べすぎて、とてもそんな気になれず、夜中の12時まで開いているこの博物館を夜の10時過ぎに訪れたのでした。
年中無休、日によって開館時間が違いますし、混雑時はとても並ぶので、オンラインでチケットを購入するか、夜遅くの時間帯をねらうか、混雑時を避けた方が無難ですね。ちなみに、途中で、スマホの電池が切れた!!!ということになっても、中にチャージャーのコーナーありますので。写真を思いっきり撮って下さい(笑)。

~おまけ~
01021712.jpg
羊飼いも沢山いるのですが、牧羊犬が、ジャーマン・シェパードっぽいんですよね。ボーダーコリーがいない!って、一応、コメント用の紙に書いておきました。

961億円? 

いきなりすごい金額のタイトルですが、789,000,000ユーロを現在の円相場で表示したところ、こうなりました。
年末から年始にかけて今年もハンブルクで過ごしましたが、今、ハンブルクで最もホットな話題が、

Die Elbphilharmonie(=エルプフィルハーモニー・コンサートホール)

2201172.jpg
横から
2201173.jpg
後ろから

今月、2017年1月11日に、晴れてこけら落としとなりましたが、当初の予定では、費用 77,000,000ユーロ(実際の10分の1)、オープン予定は2010年(6-7年前)でした。途中、資金がなくなり、しばらく工事現場のツアー等企画していたのを、lakmeは知っています。
素晴らしい音響効果で、オーケストラの音が大変良く聴こえるということで、当初より音響デザインで話題となっていましたが、デザイナーは日本人の豊田泰久氏。この方、東京のサントリーホール、LAのウォルト・ディズニー・コンサートホールも担当されている第一人者。さらに、建築デザインもぴか一でして、スイス人建築家のヘルツォーグ&ド・ムーロンが担当(私は、全然知りませんでしたけど)。話題性抜群、かかった費用も抜群、、、。ということで、ハンブルク市は、観光に力を入れると共に、文化(特に音楽でしょう)にもさらに力を入れるそうです。

この出来立てホヤホヤの961億円の建物に、lakme、新年早々行ってきました。
2201174.jpg
建物の入り口
コンサートホールの他、ホテル、レストラン、バー、イベント会場、そして、超・高級アパートが入っています。
2201175.png
話題となっている1つめの長いエスカレーターは映画で見る宇宙船みたい。
2つめのエスカレーターを降りると、大・小二つのホールの入り口のあるスペースへ。
2201176.jpg
大きなホールの入り口
2201177.jpg
小さなホールの入り口
2201178.jpg
このぐにゃぐにゃしたガラスは、相当な費用がかかったらしいのですが、それぞれの間に5センチぐらいの空間があって、閉じない為、風のある日は、上記2つのホール入り口があるスペースは、かなり寒いです。近くでみると、回転して閉まるようになっているようにも見えるのですが、記事によると、「とっても寒い」。lakmeもとっても寒かったです。

ハンブルクは、このコンサートホールの話題で年末年始は持ちきり。テレビも新聞も雑誌も特集を組んだり。
1月11日のオープニングセレモニーには、メルケル首相始め、各界の要人が勢ぞろい。テレビで特番を見ていましたが、同日のセレモニーのチケットが当選したというおじさん、「メルケル首相をみてみたくて」と、冗談交じりに笑ってました。

2201171.jpg
Pleyelと朝のお散歩をしましたが、奥に見える白い近代的な建物が、このホール。
2201179.jpg
こちらも、日が昇る前の早朝のお散歩時の写真。ライトアップもなかなか美しい。
22011710.jpg
この辺りは港のエリア、ハーフェンシティ。どこからでも遠くにこのホールは見えます。
そして、ここにドイツ一の観光名所があります。この赤レンガ倉庫の中にある有名な地・・・。

Miniatur Wunderland (ミニチュアワンダーランド) 
ココをクリックで、過去の記事とWikiへ。この過去の記事中に工事中のホールの写真があります)

lakmeが、愛してやまない鉄道模型博物館。もう、何度行ったことか。。年中無休。日によっては夜中まで開いているという優れもので、未だにエリアは拡張中。
ということで、次回は、このMiniatur Wunderlandのお話など。。。

~おまけ~
22011711 mini
この写真は、Miniatur Wunderlandのハンブルクのコーナーで撮影したミニチュアモデルです。上のリアルな写真と比べてみて下さいね。



家族でピアノコンサート in ベルリン 

クリスマスはパートナー氏のパパの住むドイツのゲッティンゲンという町で過ごし、その後、仕事の為ブラッセルへ3日間戻ってから、毎年恒例、年末年始を過ごしにハンブルクへ移動。でも今回は、パートナー氏の家族と一緒に12月30日、ベルリンへコンサートに行くことになり、1泊2日でベルリンへ行ってきました。

ふふふ・・・、もちろん、
DANIIL TRIFONOV (ダニール・トリフォノフ)のコンサートですよ。
>>>過去の追っかけ記録その1はココを、その2はココを、ダメ押しのその3はココをクリック

1501171.png
ブラッセルに戻った数日間、クリスマスプレゼントのダニール君のDVDで、まず予習(笑)。

1501172.png
ベルリンのコンサートのポスター。
音楽好きな方はご存じかと思いますが、ベルリン・フィルハーモニーのシルベスター(=大晦日)コンサートは、とっても有名なコンサートで、31日のチケットを入手するのはとても困難。パートナー氏のパパは毎年行っているということですが、今回家族5人で行くことになり、スケジュールの関係や、チケット入手の難しさを考慮して、30日のコンサート(演目は同じ)に行くことになりました。
ダニール君、ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番を、サイモン・ラトル指揮のベルリン・フィルと演奏。
これは行くでしょう~~~(← 目がハート

ラフマニノフのピアノ協奏曲第三番は、第二番と同様にとっても有名ですけれど、

とりあえず長い!

この曲を堪能したい方は、映画「シャイン」(←クリックで解説へ)をご覧いただけると良いかと・・・。感動物語です。

1501177.png
ベルリンのコンサートホールで、前日セールで買ったワインレッドのワンピースを着てみました。
1501178.jpg
コンサート前にこんな表示を発見。ふふふ・・・。今や、ほんのちょっぴりドイツ語読めますからね。
インターバル時にサイン会ですよ!!!もう、これを目指すしかありません。
1507179.jpg
ダニール君の弾くスタンウェイのフルコンの前で

演奏は最高に良かったです。全てを出し切ったというような演奏でした。
第2番は半年ほど前に生を聴きましたが、今回の3番もテンポはゆっくりめ。ゆっくりすぎると、パートナー氏の弟は言っていましたけれど。。。ダニール君、突出した技術をもった若いピアニストですけれど、昔のピアニストのように情熱的に感動的に弾きます。最近リヒテルの第3番を聴きましたけれど、情熱的でゆっくりしたテンポでした。うちの母も、昔のピアニストはもっとゆっくり感動的に演奏していたと言っていましたっけ。。。好みの問題もあると思いますが、生で聴くと、本当に熱くて、心に響いてきます。速く、軽く弾く演奏もすきですけれどね。本当に、それぞれの美しさってあると思います。
ちなみに、31日の演奏は、ガラリと変わって淡々と演奏したそうで、別人のようだったそうです。

ということで、インターバルに入ったところでサインをもらう気満々!パートナー氏にホールの係員さんにどこでサイン会があるかスポットを確認してもらい、

lakme、猛ダッシュ!

列の先頭から5-6番目ぐらいでした(笑)
15071710.jpg
15071711.jpg
15071712.jpg
息切れしながら、「ごめんなさい。疲れていて」と、深呼吸をすると、にっこり笑いながらサインをしてくれました。
この可愛らしい25歳の青年が、あんなに素晴らしい心に響く演奏ができるなんて・・・。感動です。ありがとう。

15071713.jpg
第二部は、オーケストラの楽しい演奏。明るいサイモン・ラトルのスピーチと、完璧すぎるほど完璧なベルリン・フィルの演奏。
でもですね、前方の席にいたlakme。。。最前列のビオラのお兄さんの足が気になって、気になって(笑)。演奏に合わせて、足というか、脚全体が、あちこちにバタバタと動くんですよ。もう、目が離せなかったです。

15071714.jpg
楽しいコンサーの後、家族で遅い夕食へ向かいました。パパにはありがとう(これは、パパからの全員へのクリスマスプレゼント)、また行きましょうね!と言ったところ、自分は198?年から毎年ずっと来ている。来年もみんなで来たい!と嬉しそうにしていました。2017年の年末のブログ、どうなることかご期待下さい。

~おまけ~
15071715.jpg
「どこに行ってたの?」
コンサートの後、夕食をすませてホテルに戻ると、もう夜中でした。

明けましておめでとうございます 2017年 

明けましておめでとうございます!
Happy New Year! Bonne Année! Frohes Neues Jahr!

1001170.jpg

年末年始はいろいろと移動が大変でしたけれど、楽しく過ごすことができました。
そして、現実は厳しい・・・。(頭が仕事に復帰できていない・・・。)
1001172.jpg
私達の帰国後、ブラッセルは急に寒くなり、雪が降りました。
1001171.jpg
なので、休暇中食道楽をして増量したのにも関わらず、家でチーズフォンデュをしてしまいました(汗)。
この鍋とコンロ・・・。どっちも、スイスの牛柄なんですよね。パートナー氏、上下バラバラに買ったものだから、牛付の鍋だったことを忘れて、牛付のコンロまで買ってしまって。。。フォンデュするたびに、かなり食卓は賑やかになります(笑)。

フランスもベルギーも、そしてとうとうパートナー氏の国、ドイツまでもがテロに見舞われた2016年でした。
英国はそんな中EU離脱を決め、EU諸国が保守的なリーダーになっていきそうな風潮です。
ヨーロッパの将来はどうなっていくのでしょう。みんなが不安に見舞われている中、過激な発言も目立つ新大統領が米国では選ばれました。

「2016年は不安がつきない年だったけれど、2017年は良い年になるね」

って言えない、不思議な感覚で新年を迎えたという私のピアノ教師A先生はフランス人。
次の大国の大統領選はフランス。有力候補者2名の対決は、米国の大統領選と似ているとも言えます。
「選挙に行けない。どちらにもフランス大統領になってほしくない」というA先生。
ヨーロッパの将来は、イギリス、フランス、ドイツのリーダーシップにかかっていると言っても過言ではないのに、イギリスはEU離脱。フランスは上記のような大統領選になる模様。ドイツは難民を100万人以上受け入れ、99%以上はテロなど起こさない善良市民とポジティブな発言をしてみたところで、1%は1万人相当だと皆わかっているはず。

ざわざわとしてきた世の中・・・。
そんな事をぐるぐると考えていたところへ、この銀行のポスターを発見。
1001174.png

Die volle Kontrolle in einer Hand. (和訳:片手でフルコントロール)

ハイパーアクティブで運動神経抜群のボーダーコリー、食いしん坊でいたずら好きなラブラドール、やんちゃで不器用なスパニエルの3犬種を片手でコントロールですか。これは、相当高度な技ですよ(笑) 

ああ、でも、こんな風に誰か片手でヨーロッパをまとめて下さい!

今年も皆様どうぞよろしくお願いいたします。

~おまけ~
1001175.png
ヨーロッパではクリスマスの飾りは1月6日の顕現日まで飾っておきます。顕現日は三人の東方の博士が誕生されたイエス様に会いに来た日です。ということで、クリスマスの飾りと鏡餅を一緒に飾ることになるのですが、何だか違和感を感じてしまう。。。

メリークリスマス 2016年 

お久しぶりです。12月って、どうしてこんなに早く時間が過ぎていくのでしょうか?不思議・・・。

2612160.jpg

皆さん、楽しいクリスマスを過ごされたでしょうか?

日本ではクリスマスは恋人、友人と過ごすパーティー要素の高い日ですが、クリスチャンの国、ヨーロッパでは、神であるキリストの生まれた聖なる祝日。家族と一緒に過ごします。日本でいうところのお正月と同じ位置づけです。
ですので、lakmeはパートナー氏の実家に毎年戻って、パートナー氏の家族と過ごします。そして、クリスマスのご馳走をみんなでいただき、プレゼントを渡して、まったり、ゆったり、大晦日までの退屈な数日間を過ごすのです。

2612162.jpg
今年もクリスマスのご馳走はガチョウの丸焼き。早くできないかな。。。
2612163.jpg
美味しそう!Pleyelにもちょっとわけてね。
2612164.jpg
美味しい香りがキッチンから漂ってきます。
2612165.jpg
赤キャベツの煮込み、焼きリンゴ、ジャガイモのお団子を添えて、ソースをたっぷりかけていただきます。
2612161.png

毎年恒例のバッハのクリスマスオラトリオのレコード(←LPだったりします)をかけて、みんなでプレゼント交換・・・、のはずなのですが、パートナー氏のパパがインフルエンザで40度の高熱!81歳ですから、もうみんなで大騒ぎ。24日の夜にはお医者様も呼んで、パパは結局23日から3日間寝込んでいました。あんなに楽しみにしていたのに・・・。
そんなわけで、今年のクリスマスはトーンダウン・・・。やっぱりテンション高いパパがいないと静かになりますね・・・。

今朝になって、熱も下がって元気になったパパですが、みんなに風邪をうつすからと病原菌扱いで、寝室から出てくると連れ戻される始末。子供のようにむくれたパパでしたが、どうしても、みんなの朝食の時間に入りたくて、とうとう椅子を遠くにおいて一人で座ると、

「みんなが食べている間、わしが今日のニュースを読んでやる」

と、まさかのニュース朗読。

みんな苦笑です・・・。

パパ 「歌手のゲオルグ・ミヒャエルが死亡!」
パートナー氏弟 「父さん、ジョージ・マイケルだよ!!」
(ゲオルグ・ミヒャエルは、George Michaelのドイツ語読み)

その他もつっこみどころ満載のニュース朗読でしたが、年末のベルリンのコンサートにみんなで行きたかったら、寝室に戻りなさい!という冷たいパートナー氏からの命令にしぶしぶ寝室へ退散。

さて、lakmeですが、年末ちょこっと働きます。なのでブラッセルへ。
2612166.png
DB(ドイチェバーン ドイツのJRです)は、時間に厳格なドイツにしては珍しく、いつも遅延することで有名なのですが、
2612167.jpg
何事もなく、時間通りに乗換駅に到着し、そのままブラッセルに戻れました。すごく珍しいことなので、周囲の人に自慢しまくったぐらいです。
2612168.jpg
遅延なく到着したので、駅でしっかりソーセージ食べられましたよ(笑)

ということで、今年も何だか平和にlakme一家は過ごせました。なんという幸せでしょうか。感謝。
皆さんもよいお年を。来年もどうぞよろしくお願いします!

2612169.png

追記:年末のベルリンのコンサートですが、ベルリンフィルと愛するDaniil君(←クリックで過去記事へ)によるラフマニノフのピアノ協奏曲3番です。楽しみ!