12月、そしてランダムにつぶやき・・・。 

今年は(も?)バタバタで、もう年末だというイメージがまったくありません。
今日気温が低くて、ああ、やっぱり冬なんだな、と寒い風に吹かれながら思ってみたり。
1212181.jpg
数日前に夕方5時ごろのお散歩中に撮った写真。この時間帯の空の色が好きなのです。

暗くて寒い北ヨーロッパの12月。郵便受けにこんな可愛らしいクリスマスカードが。。。
1212185.jpg
ロンドン時代のお友達が送ってくれました。嬉しいな。ワンコはまつ毛が長くてプレイエルそっくり。
送り主は男友達なのですが、仲の良いお姉さんが私と同い年ということで、何となく慕ってくれているのです。
1212182.jpg
朝もまだ暗いうちに出勤することもあり。。。
こんな風にドアへ続く廊下をブロックされると会社に退職届を出したくなってしまうじゃない!?
1212184.jpg
アドベントクランツは2週目を示す2つ目のロウソクが灯りました。
クリスマスまであと少し・・・。今年もドイツで過ごします。
1212183.jpg
アドベントクランツと一緒に飾ってあるチェブラーシカのマトリョーシカの中身はこんな感じ。
登場人物達が入っています。シュールなアニメですよね。。。

先月から水泳とドイツ語を再開。どちらも続けていく予定です。
水泳は腰痛治療の為もあるのですけれど、もともとかなりのスイマーなので、泳いでいる時は無心になれます。
最近色々あって、瞑想の仕方を教えてもらいましたが、集中して何かをやっている時は瞑想と同じと言われました。
そういう意味でも水の中というのは瞑想状態に近くて、色んな意味で良い効果を得られそうです。

すやすやと眠るお嬢さん。。。
1212186.jpg
一昨日ボールを追いかけ過ぎて、ちょっと足をくじいてしまいました。
なので、昨日からリードをつけてゆっくりお散歩。早く足が治ると良いね。

12月になると色々とバタバタしてくるものの、一年、あるいはもっと昔を振り返って色々と思いにふける人も多いのかな。。。
スピード感ある現実と、じっくり思いにふける瞬間と、12月は本当に複雑な月のような気がします。

昨日はストラスブルグというドイツの国境沿いにあるフランスの町でテロが起こり、2人の方が亡くなりました。
ストラスブルグはブラッセルと同じくEU議会のある都市で、lakmeの親友も度々出張で出かけていきますし、大好きだったピアノ教師A先生の故郷でもあります。伝統のあるクリスマスマーケットは有名で、沢山の観光客がおとずれる12月。町の人たちの悲痛な思いが伝わってくるようです。人を傷つける人がいる一方で、正義感あふれる人も沢山います。どうか偏った思想が広がりませんように。

~おまけ~
1212187.jpg
タイマーをかけてどうやって2人と1匹で集合写真を撮るか、考えた末出した結論が、プレイエルの頭の上に葉っぱを置くこと。。。
頭の上に何かを置くと静止の意味だと理解するお嬢さん。。。嫌そうな表情ですけれどね(苦笑)

2018年もあと少し 

あっと言う間に12月でびっくりです。

ベルギーはクリスマスムードで盛り上がっているはず!
みんなプレゼントを買うのに夢中なはず!


ですが、lakme家は今年は本当に色々なことがあり、何もしていません(反省)。

でも、アドベントカレンダーアドベントクランツは何とか滑り込みで準備完了しました。。。
アドベントカレンダーとアドベントクランツの簡単な説明はココをクリックして過去の記事を読んでくださいね。

11月30日の午後、Fortnum&Mason(←イギリスの老舗のお茶屋さん)で数年前に買ったアドベントカレンダーを準備。
0512182.jpg
毎年、パートナー氏とlakme用にチョコを2粒入れて、次の日はプレイエルのクッキーを1つ入れて、と交互に窓の中にお菓子を入れているのですが、
今年は、パートナー氏のお腹が気になるので人間用のチョコは無し!
24日間プレイエルのお菓子に決定!


0512181.jpg
中身は3種類のワンコのお菓子

鬼嫁lakmeによる決断にショックを受けるパートナー氏ですが、仕方のないお腹の具合なのでした。。。
一方、毎朝大好きなお菓子をもらえるお嬢様は大喜び。
0512183.jpg
「くんくん、、、今日はなあに?」

0512184.jpg
「今日はプレイエルの大好きな Milk Bonbon だよ」

ちなみに、鬼嫁はどうなの?という質問が聞こえてきそうですが、痩せました。。。
BMI値が19を下回り、ちょっとダメな感じですが、クリスマスとお正月で元に戻る予定なので大丈夫です!

今年のアドベントクランツはこんな感じです。
0512185.jpg
相変わらずの動物園状態ですが、森の動物達は本当にアドベントクランツにお似合い。自画自賛です(笑)

今年は色々ありましたけれど、何だかんだとlakme一家元気にしております。
ちょっと仕事もプライベートもバタバタしていますが、今年中にあと2回はアップしたいなと思っています。

~ おまけ ~
0512186.jpg
友人が作ったドイツ風チーズケーキにロシア産のブルーベリーソースをかけたら本当に美味しかったです。
可愛いチェブラーシカのマトリョーシカを飾ってみました。

モーゼル地方への小旅行 

すみません、度重なるケガで、しばらくお休みしていました(汗)

2511180.jpg
じ~~~っ。「lakme、さぼってたでしょ?」
厳しいお嬢さんのご意見。。。
膝を家具にぶつけ、うまく歩けなくなり、その後、腰痛が悪化して動けなくなり・・・。

本当にがっかりの11月でしたが、11月1日~4日の四連休のモーゼル小旅行はとっても楽しかったです。
2511181.jpg
滞在したのは古くからあるホテルでしたが、内装はすっかり近代的にリノベされていたものの、軸になっている柱や梁の部分は昔の大きな木材を残してあり、そこかしこに昔の雰囲気が残っていてなかなか素敵なホテルでした。
2511183.jpg
ホテルの目の前はモーゼル川が流れていて、これはホテルの真向かいの対岸から町を撮った写真
2511184.jpg
対岸側は太陽が当たるため、ブドウ畑が延々と続く黄金色の丘陵。なんとも素敵な場所です。
2511185.jpg
雨の日に川沿いをドライブした時に見つけた町

晴れた日は、丘陵を2人と1匹でハイキングしました。
2511186.jpg
ライン川沿岸もそうですが、ハイキングコースが充実していて、コースのマークを追って歩いていきます。
左側の木の枝に描かれている白地にオレンジの線が入っているマークが、私たちが使ったコースのマークです。
2511187.jpg
秋色の毛皮のプレイエルは、木の葉の上を走るとカモフラージュ状態で見失うことも

モーゼル川は、ライン川よりも流れが穏やかで、大きな町も少なくて、落ち着いた趣のある川といった印象でしょうか。
またハイキングに行きたいなと思っています。

~おまけ~
2511182.jpg
ホテルの入り口の階段で。階段の手すりには素敵なブドウの装飾が。

モーゼル地方に行きました 

11月1日は「聖人の日」というカトリック教徒の祝日。
今年は木曜日だったので、金曜日にお休みをを取って4連休にしてドイツのモーゼル地方へ行ってきました。
ブラッセルから車で2時間半と少し。モーゼル地方の小さな町Reil(ライル)に宿泊して、ハイキングを楽しんだり周りの町を訪問してきました。
1211181.jpg
モーゼル地方は、ワインの生産地。ワイン畑も森の木々も黄金色になって本当に綺麗でしたよ。

1211182.jpg
プレイエルも沢山森の中を駆け回って、本当に楽しそうでした。

沢山写真を撮ったので、整理して次回さくっと旅のお話など。。。少々お待ち下さいね。

~おまけ~
聖人の日に全ての聖人が集うので、その前日が化け物や魔物が大騒ぎできる最後の日になります。それがハロウィーンです。
日本では大人が仮装してどんちゃん騒ぎをするイベントと化しているようですが、趣旨が違うんですよね。
お化けの恰好をして子供たちが楽しむお祭りですから、大人がみっともないことをしてほしくはないなあ。。。
特にキリスト教とは無縁の日本で。渋谷に住んでいる方々、本当にお気の毒です。

冬時間になりました 

ヨーロッパは冬時間に突入しました。雨が少なくて暑すぎるぐらいだった今年の長い長い夏も本当の意味でおしまい。
土曜日から日曜日に変わる夜中に時計の針を1時間遅らせます。

0111180.jpg
朝7時過ぎのお散歩の時の写真。
絵具の群青色のような空に明るく輝くお月様。まるで夜みたい。

今年は複雑な事情があって、大変だったけれど、もう少しで終わり。
パートナー氏も私もプレイエルも、なんだかんだ言ってもみんな元気でいるのだから感謝をしましょう。。。
と言っていた矢先に、lakme、大転倒!!!
0111181.jpg
バランスボールに座ってテレビを見ていたところ、後ろに滑って転んで薪のストーブ、ストーブの石のプレート、2羽の石のフクロウの置物に思いっきり強打してしまいました。。。
とほほ。。。頭、肩の骨、背中、肩甲骨、腕の骨、手首、足首と、当たるだけ当たった感じです。頭痛や眩暈、全身の痛みから吐き気までしてしまい、頭部スキャンするべきか悩ましかったのですが、とりあえず一日様子を見て大丈夫そうなので、OKとしました。
お蔭様で、コブと青あざと擦り傷があちこちにできてしまいました(子供みたい。。。)。

さて、北ヨーロッパの冬は長くて寒いので、屋内で楽しめる遊びが必要です。
ドイツ語に挫折したので、読書の他、若い頃大好きだった刺繍を再開しようかと。
0111183.jpg
昔の作品。ピーターラビットと猫のトム(どちらもビアトリクス・ポターの絵本(←クリックで過去の記事へ)から)
ピーターラビットの方は、lakmeが4歳ぐらいの時に母がロンドンのリバティのお店で買った刺繍セット。
「lakmeちゃんが大きくなったら刺すのよ」と言われ、文字通り大きくなってから完成させました(笑)。懐かしいな。
トムの方は、母へのお誕生日カード。ロンドン留学時代にリバティで買った刺繍セット。(リバティ好きなのです)
0111184.jpg
今年の春、鞄のブランド名を千鳥文様でカバーしました。右下に名前の最初の文字の平仮名を赤糸で。
適当に刺した割にはなかなか可愛い色味だったかも。
0111182.jpg
ということで、ぽちぽち簡単なものから再開しようと、刺し子とこぎんのキットを完了させました。
刺し子の方は、ロシアの鶏の柄をモチーフにしたもの。可愛いな。
広島の従姉からのプレゼントで、キットの中に入っていた刺し子用針は、もちろん有名な広島針!
左下の中途半端に終わっている刺繍は、何年も前に途中までやって忘れ去られていたもの。これを機に完成予定。
左上のこぎんは、ずいぶん前に何となく買ったキットでコースターにするもの。幾何学模様はハーダンガーっぽい?ハーダンガーが得意だった母の作品を書いた過去記事集はココをクリック。母の作品は何度見てもため息もの。母からきちんと習っておけば良かったと後悔しています。。。

11月1日は、ヨーロッパのお彼岸にあたる聖人の日。
今年は翌日金曜日にお休みを取って、4連休にする人が沢山います。実は我が家も。
ピアニストのDaniil Trifonov君(←クリックでDaniil君の最初のコンサート記事へ)を追いかけてイタリアに行きたかったのですが、飛行機が取れず挫折。ドイツのモーゼル川へ。
次回はモーゼル川でのハイキングの写真をアップ予定です。

~おまけ~
0111185.jpg
公園でお散歩。大きな木を見るとなんだか感激してしまう。。。