花の季節なのに寒い 

大好きな花の季節に突入してからすでに1か月程ですが、とにかく寒いです。

2105190.jpg
庭のライラックをアレンジ

4月半ばのイースターには雪が降り、5月に入ってからも最高気温が15度以下の日が多いです。

2105191.jpg
4月の森は沢山のブルーベル

去年の今頃の写真を見ると、何と30度近くまで気温が上がっている日が何度もあって、庭で日光浴しつつ、植物が枯れないように必死に水まきをしていた模様。。。まあ、雨が降らなかった去年より良いかもしれません。

2105192.jpg
小手毬という名前と知るまで、滝のように花がざ~っと咲くので、滝と呼んでいました

2105193.jpg
小手毬、ライラック、勿忘草、ムスカリ、ブルーベルが咲く庭

4月の終わりごろ、庭の隅っこの我が家の別館である小鳥のおうちから雛の鳴き声が。
2105194.jpg
とっても元気のよい声を毎日毎日楽しみにしていました。旅立ちまで何週間か、元気に育ってくれるといいなあ・・・、と。
ところが・・・。2週間ぐらいたってからでしょうか。ぱったりと声がしなくなったのです。
ちょうどその頃から大好きなヨーロッパの赤リス(←クリックでWikiへ)がやってくるようになって、ナッツの箱も置いていました。

衝撃の事実!!!

リスは鳥の雛を襲って食べるそうです (涙)(涙)(涙)

パートナー氏と涙したLakmeでした。。。

そして、我が家のもう一つの別邸に住んでいるこの方↓↓↓
2105195.jpg
最近、すっかり熟女モードに入ったようでして、いろんな意味で落ち着いてきたと同時に、注文もおおくなってきました(笑)。
以前に増して、キャラが濃くなってきたようです。そして、可愛くてたまりません(親バカ)。

何となく駆け足で過ぎ去っていきそうなお花の季節ですが、庭の植木を入れ替えたり、今年はちょっと手をかけてみました。
完成?したら写真を取ってアップします!

~おまけ~
2105196.jpg
念願のまつだカ~をゲット。大事に置いていたシュタイフのキーホルダーをつけてみました。

ハンブルクのハーフェンシティ Hafencity, Hamburg 

ドイツの北の都市、ハンブルクを最初に訪れたのは2010年のイースター。
すっかり魅了されてしまって、それ以来、年に1,2度訪れています。
最後に訪れたのは今年のイースター、4月の半ば。いつも滞在しているハーフェンシティにあるアパートですが、持ち主さんが年内に引き払うということで、最後になるかもしれないので行ってきました。

1505191.jpg
ハーフェンシティは港町という意味。この十数年で開発が進んで、すっかり人気のスポットとなったこのエリア。
中央左寄りの近代的建物が、有名なコンサートホール、Elbphilharmonie。
総工費約970億円のこの建物ですが、3年前までは工事現場だったのを覚えています。
1505193.jpg
近くの赤レンガ倉庫群。外装は古き良き時代のままで、中は近代的にリノベがしてある建物が多いみたいです。
その中の一つが、大好きなMiniaturwunderland 鉄道模型の博物館です。
1505194.jpg
毎朝、パン屋さんにパンを買いに行きますが、その途中のこのスポットでほぼ毎朝プレイエルの写真を撮ります。
1505195.jpg
夜の風景。大みそかはこの夜空に沢山の花火が上がって、大変な盛り上がりに。
可愛そうなのは、プレイエル。毎年大みそかはアパートの隅っこで震えて過ごします。
1505196.jpg
ハンブルクのシンボルのミヒャエル教会が、遠くに見えるスポットで。
1505197.jpg
滞在最後の日。水が鏡のように綺麗で、色合いがなんとも素敵だったので、写真に。

ハーフェンシティ。最初に来た時は、周りにはあまりこれと言ったものはなかったのに、今はものすごい観光客が訪れてきます。
ハンブルクで普通に生活しているかのような錯覚にしてくれたアパートとももうすぐお別れのようです。
プレイエルが子犬だった時も一緒に遊んだアパート。寂しい限りです。

1505198.jpg
ハーフェンシティにあるギャラリーの前で。
こんなオシャレなお店も沢山できました。どんどんと町が進化していくのを少しずつ見てきたような気がします。
もう一度アパートに滞在できるといいな・・・。

ブラッセル観光 

お久しぶりです。すでに2か月前のことですが、甥っ子のブラッセル滞在中の写真をまとめてみました。

3月初め、のっぽの19歳に成長した甥っ子と空港で久しぶりの再会。

すぐにわかりました。だって、Lakme兄にそっくり。。。

1週間と少しの甥っ子の滞在中、Lakmeも久しぶりにブラッセル観光を楽しみました。
10051910.jpg
Welcome to Brussels! Bienvenue à Bruxelles! Welkom in Brussel! Willkommen in Brüssel!
ブラッセルへようこそ!を英語、フランス語、オランダ語、ドイツ語で。
ブラッセルはフランス語とオランダ語の両言語圏に指定されています。さらに、ベルギーの第三の公用語はドイツ語。
フランス語がよく聞こえてきますが、ネイティブではないな?と思った瞬間に、大体、みんな英語に切り替えます。
甥っ子も最初はドキドキだったようですが、英語で何とかなることに気づいたようで、頑張って観光していました。
1005199.jpg
この日の小便小僧 Manneken Pis は厚着でした。寒かったしねえ。。。
10051911.jpg
そして、こちらは小便小僧の女の子版 Jeanneke-Pis。微妙に恥ずかしい感じかも。。。
1005195.jpg
当ブログには何度か登場している楽器博物館(←クリックで過去のサクソフォン展の記事へ)
1005196.jpg
この博物館は展示物も魅力的ですが、建物そのものがアールヌーボー様式で素敵なのです。
写真上部のアーチ型部分の階層がレストランになっていて、ブラッセルの市内を展望できます。

さて、今回の博物館訪問で感激したのが、王立軍事博物館 Musée royal de l’Armée et d’Histoire militaire。
噂には聞いていたのですが、戦闘機、戦車、軍服、その他軍事関連の素晴らしい博物館。
1005192.jpg
こんな風に沢山の戦闘機が・・・、
1005191.jpg
所狭しと・・・、ぎゅうぎゅう詰めに展示されています。
戦車の展示の横に粗大ごみがどーんと捨ててあったり、何だか、全てが無造作に置きっぱなしという感じの博物館でした(苦笑)でも、見ごたえ十分で、甥っ子と二人で3時間近くかけて隅から隅まで見ましたね。楽しかった。
1005194.jpg
その横にあるAutoworldという自動車博物館。こちらは入場料が高い分、割ときちんと並んでいるね、と二人で納得。

ベルギーと言えば、ですが、ヨーロッパでも有名な漫画(bande dessinée)の国。特に有名なのは、「タンタンの冒険」。フランスの漫画ではなく、ベルギー人のエルジェ作です。
1005197.jpg
町のあちこちに漫画が隠されています。
1005198.jpg
甥っ子と一緒にロンドン行きの駅にあったタンタンの壁画の前で。

あっという間に過ぎてしまった甥っ子の滞在でしたけれど、いっしょにご飯を作ったり、プレイエルと遊んでもらったり、パートナー氏も大喜びの一週間と少しでした。今度は、もっと近隣諸国にも行こうね。

どこから始めたら良い??? 

ぼーっとしている間に、沢山のことが起こったので、どこからブログを再開すれば良いのかわからず…。
写真より、頭を整理した方が良いみたいですね。頑張ります。

お花が綺麗な季節になり、令和という新しい元号になりました。
皆さまが、新元号後もプレイエルと一緒にヨーロッパ旅行を楽しんでいただけると良いなと思っています。
よろしくお願いします!

201905030556408ee.jpeg
お庭のライラックと小手鞠をいけてみました

旅行中にて 

しばらくお休みしていますが、元気にしています!
スイス旅行の後、甥っ子がやって来て楽しく過ごし、ロンドンで兄夫婦と合流してみたり、パートナー氏のパパのお誕生日を祝いにドイツに週末行っていたり。桜の時期には、パートナー氏が東京出張でlakme兄と楽しくお花見していて、lakmeはリモートで日本のアマゾンで買い物しまくっていたりして…。
そうこうしている間にイースターになって、現在ドイツにいます。イベント続きでどこから始めればいいのかすっかりわからなくなってしまいましたが、戻ったら書きますね。

20190422061840261.jpeg
ドライブ中のPleyel