北フランス旅行 

今年のイースター休暇(3月30日~4月2日)は、北フランスに行きました。
シャンパーニュ地方のちょっと北にあるシャトーホテルに滞在。シャトーホテルというとものすごく高級な響きがあるかもしれませんが、普通に田舎にあるちょっとおしゃれなホテルだと思っていただければ正解です。

1404181.jpg
ホテルの入り口で、嬉しそうなお嬢さん
1404182.jpg
昔、厩だった建物が私たちの客室。広くてきれいでした。
1404184.jpg
ホテルのバーには、シャンパンのボトルとグラスが
1404185.jpg
ここの主と思われる猫さんは、優雅に入り口でお昼寝

シャンパーニュ地方のランスは、大聖堂で有名な街
色々な種類のシャンパンや、シャンパングッズが町中で売られています。そして、レストランでも美味しいシャンパンが。
1404186.jpg
外から見た大聖堂
1404187.jpg
この大聖堂のステンドグラスはとても美しいのですが、中でもこのシャガールがデザインした青いステンドグラスは有名
ランスに来たのはこれで3度めなのですが、実は、とても行きたい小さな礼拝堂(フジタ礼拝堂 <クリックでWikiへ。英文)があります。でも、春から夏にかけてしか公開していないため、またしても行かれず。夏の間にランスに行かれる方は是非。
1404188.jpg
ランスのブラッセリーで食べたサラダ。いかにもフランスな感じなのですよ。シャンパンと一緒にいただきました。
フォアグラ、カモ肉のハム、鳥の砂ぎも(フランス語でgésier)が入っていました。大好きな砂ぎもが、ベルギーでは出てくることがないようで(気づいていないだけ?)、フランスでgésierを見つけると感動します。

シャトーホテルというと優雅なイメージしかないかもしれないですけれど、特別すごい場所ではなくて、静かな環境でリラックスできて、おいしいものが食べられて、そして、何よりもプレイエルが走り回れる田舎にあることが魅力です。

14041810.jpg
ホテルの門を出ると、一直線の並木道

次はいつ、どこのシャトーホテルに行けるでしょうか。。。

北フランスに行っていました 

日本で無事にPCをゲットし、さっそうと日本語でタイプアップしています。うれしいな。
日本から戻ったらすぐにブログを・・・、と思っていましたが、北フランスへイースター休暇へ。
休暇中の写真を整理しないいけないのですが、そういえば最近、プレイエルお嬢さん、上品そうに、そして退屈そうにしている室内撮影したものばかり。実際は、外へ出ると野生児となり、風のように走るのです。突風のように走り抜けるお嬢さんの撮影は難しくて、いつも室内の写真ばかり・・・、というのが事実。

ということで、最近珍しい「プレイエルの風のように走り抜ける写真集」 in 北フランス

0304181.jpg
0304182.jpg
0304183.jpg
0304184.jpg
0304185.jpg
0304186.jpg
0304187.jpg
0304188.jpg
0304189.jpg
03041810.jpg
03041811.jpg

イースター休暇は、シャンパーニュ地方の少し北のシャトーホテルにいました。
写真を整理したらアップしますので、お楽しみに!

来週復帰予定です 

やっと日本に戻り、パソコン買いました。
来週あたりブログ復帰予定です。

20180321095432bb4.jpeg
201803210954347b3.jpeg
家族の和み系ワンコ達

snowdrop スノードロップ 

相変わらず日本語PCがなく、不便な日々を過ごしています…。

そんなこんなでもたもたしているうちに、外は春めいてきました。
待望のスノードロップも、かなりミニチュアですが咲き始めました。

1103181.jpg

スノードロップ、やっぱり可愛いな。
周りにはプリムラ、黄水仙、クロッカスが咲いています。庭が賑やかになってきて、春の訪れを感じています。

4月の初めはイースター。イースターが来ると、春、春、春!!!とウキウキした気持ちになる北ヨーロッパです。
昨年のクリスマスの飾り付けをミスってしまったので、せめてイースターぐらい頑張りたいところですが、超多忙…。
ごろごろとパートナー氏に甘えているお嬢さん、ちょっと手伝ってくれないかな。

1103182.jpg
「Lakmeも一緒にごろごろしたらいいんじゃない?」

寒波がやって来ました 

クロッカスやバラが咲いた1月終わりから一転。
欧州を大寒波が襲いました。今週は毎日マイナス気温で昨日は雪。

0203181_convert_20180304031233.jpg
0203182_convert_20180304031255.jpg
0203183_convert_20180304031326.jpg
青くなってしまいましたが、庭で雪遊びを楽しんでいるお嬢さん。
まあ、我が家の辺りは、寒かっただけで何も困った事はなかったです。

最近の話ですが、ピアノはご無沙汰中。A先生が多忙でブラッセルに来られないのです。
みてくれる人がいないと、やる気が起こらず…。ベートーベンのソナタOp14-2はやりかけのまま。
そして、PCをまだ購入しておらず、いろんな方々のブログには行っているのですが、日本語が打てなくてコメントを残せないことの方が多いです…。残念。ブログはパートナー氏のタブレットで書いています。

こんな風にダラダラと普通に過ごしていますが、甥っ子は第一志望の大学に合格!嬉しいですねー。
そして、びっくりしたことに、前回ブログの母のハーダンガーのピアノカバーが嬉しい展開に…。
プレイエルのインスタグラムで知り合った女性が、 母の作品を見てインスタにコメントを下さいました。
コメントによると、通っている刺繍教室で、母の作品はとても人気があって何人かの生徒さんが刺していたと。作品が受賞した時の冊子も先生がお持ちだそうで、お教室の作品展があると、誰かが刺して出展していることが度々あるそうです。何とまあ!娘としてはびっくりです。母が自慢していた姿を今でも覚えているのですが、今でも誰かが刺して飾っていらっしゃるなんて。明るかった母は今頃笑っているんでしょうね…。

「誰?見事なレースを穴って言ったのは?」