もどりました 

無事に日本旅行から戻りました。
今週末には写真を整理して、なんとかみなさまに旅行のお話ができればいいな、、、と思っています。

240516.jpg
きちんとお留守番をしていたお嬢さんは、今日の午後、お花畑のお散歩を楽しんだみたいです。

元気です 

ブラッセルのニュースを見て心配してくださった方々、本当にありがとうございます。
私達も友人知人もみんな無事です。現在、イースターのお休みでフランスに来ています。

ブラッセルは混沌としています。空港、メトロの駅のテロがあった翌日にはほとんどの公共交通機関が運行を再開し、学校も通常通り開校しましたが、翌日、翌々日と、あちこちの駅や路線が封鎖や運休に。通勤ルートの予測がつかない同僚もいました。

ニュースはテロの話ばかりで暗くなります。ベルギーは多言語国家で、みんな三つ四つの言語をあやつりますので、相手の拙い宇宙語的フランス語や英語でも理解しようとしてくれます。ですので、何語でも構いません!平和の祈り、絶賛受付中‼︎

〜おまけ〜
2603160
プレイエルの生きている犬の世界にはテロを企てる犬がいないので、テロはありません。平和な世界に生きている犬達の方がずっと賢いのかもしません。

ついてなくて。 

最近、ついてなくて…。
ドイツまでグランドピアノを見に行ったんですよね。ウキウキしていたんです。一週間のお試し期間をもうけてくれて、その間に購入するかどうかを決められるということで。家の居間がそれほど大きくないので、響いて変な音になるのなら置いておくわけにはいかないのです。一週間の間にいろいろ弾いてみてから決められるなんてラッキー。高い買い物ですから…。
そういうわけで、ピアノの配達日を決めていたんです。そうしたら、

左中指をドアに思いっきり挟んで負傷!

爪の真ん中に、血の痕が黒ずんで残ってしまい、指先はヒリヒリ…。もう、ガックリです。しばらく手や指を怪我していなかったのに。まあ、何度か挟んだことはあって、このぐらいなら10日ぐらいで完治とわかっていたので、一週間弱、弾かずにそーっとしておいたんですよ。で、ちょっとメンデルスゾーンを弾いてみたその直後に、

右親指を挟んで、皮が剥がれるというアクシデント‼︎

もう、どうとでもなれ〜、みたいな。

0102165
血がなかなかとまらなくて、無理矢理楽しくしようとして、絵を描こうにも、左手で描くのは難しい…。

皮膚科に行く予定があったので一緒に治療してもらいました(涙)

そういうわけで、両手を負傷している生活は、かなり困難だったりします。

〜おまけ〜
0102164
お嬢様のお気に入りスポット

明けましておめでとうございます 2016年 


明けましておめでとうございます!
Happy New Year!

Bonne Année!
Frohes neues Jahr!

*上から、日本語、英語、フランス語、ドイツ語

lakme です。↑今の頭の中をよくあらわした感じですが、現在、いくつかの言語が混沌と共存しています。
フランス語は中途半端なレベルに落ちたとは言え、言いたいことはだいたい言えるレベルなので、まだまだ初級のドイツ語より上に位置づけ。英語も昔に比べたら、随分落ちたなとは思えますが、フランス語より上。
それから、世界共通言語の音楽(私の場合はピアノ)となると、どうかな・・・。英語の下、フランス語の上でしょうか。

0501151.jpg
ソワーニュの森(ブラッセル) 2016年1月

クリスマスは、とにかく食べて、食べて、食べました。おかげさまで、身体は食べた物がすべて乗っかった状態で愕然。。。
冷たいパートナー氏(ドイツ人は直球型の発言をするのが特徴)は、

「そのお腹には衝撃だ。lakmeは午後働いていないんだから、明日ジムに登録に行ってきなさい」

クリスマスからお正月にかけて2週間ほど、、、。食べる、飲む、ピアノ練習、ドイツ語勉強、クリスマス後のセールで買い物以外はほぼ何もしませんでした。
う~ん、脂肪と同じぐらいドイツ語の単語も身につけたと思うんだけどな。そっちも評価してほしい・・・。

皆様、今年もよろしくお願いいたします!

~おまけ~
0501152.jpg
典型的ボーダーコリーの姿勢。低い体勢で羊を威嚇しながら近寄っては止まりを繰り返して、羊をまとめていくのです。

2年たちました 

2011年9月にブログを始めてから、2年がたっていました・・・。(気づくの遅い)
当時、生後9か月だったお嬢さんボーダーコリーのPLEYELは、風のように走り抜け、バンビのように飛び跳ねる、手のかかる犬に育ちました。
最初のころのブログをクリックなんかしてみて、赤ちゃん時代のお嬢さんの写真を見ては、ニヤニヤしてるわけです。だって、本当に可愛いんですよ~~~。ボーダーコリーっぽくない色ゆえに、ラフコリーやシェルティーならともかく、柴犬、シベリアハスキー、コーギー等々いろいろ言われましたっけ。。。

ブリーダーさんのところへ、プレイエルを引き取りにいった時の写真
3009131.jpg
lakmeが触っているのは、プレイエルではなくて、プレイエルのお兄ちゃん。写真で見る限り、今でもプレイエルとそっくり。となりの黒い子はお姉ちゃん。お姉ちゃんと前足をくっつけているのがプレイエル。兄妹の中でも小さい子。

とにかく、早いなあ・・・、と思います。ブログを始めてから、真っ赤なスイフトを購入して、家をお引越しして、パートナー氏と結婚。この2年間、いろいろありました。

ブログランキング等々に入れているわけではないのに、家族、お友達以外で、訪ねてきてくださった方々、見つけて下さって、どうもありがとうございます(笑)。コメントを下さったり、よく訪れて下さっている方々にも感謝です。
これからは、タイトル通り、もう少しヨーロッパの話を書きたいと思っていますのでよろしくお願いしますね。

~おまけ~
ここをクリックすると、lakmeが一番気に入っているお嬢さんのご幼少の頃の写真へ。上から2番目の写真。会社のパソコンのデスクトップになってます。