森の散歩 

今週末はパートナー氏のパパのいるゲッティンゲンです。
パパは良くなってきていて、明日退院予定。でもリハビリを怠れば、今後動くのも大変かもせれません。
それでも、退院って嬉しいですよね。孫のM君が退院時の荷物運びを手伝いにやって来るのでウキウキな分、パートナー氏に子供のようなワガママを言ってみたり。まあ、はしゃいでいる感じです。良かった…。

今朝は快晴。プレイエルお嬢さんを連れて森へ。
嬉しそうな表情がたまりません。

20180218211954141.jpeg

PCが壊れました 

昨年の帰国時に新しいPCを買おうか迷っていたところだったんですが、「買い換えたい」という思いがPCに伝わってキレられたのか、起動中に静かに逝ってしまいました…。

さよなら、、、。

そしてこういう時に限って、バックアップを2カ月余りしておらず…。
でも、助っ人登場でなんとかデータを取り戻すことができました。あー、なんてラッキーな私。

という事で、しばらくアップは写真なしだったり、短めだったりするかもしれません。
あー、なんて不便。

〜 おまけ 〜
20180201015239095.jpeg
1月末。庭のクロッカスぎ咲き始めました。バラもポツポツと蕾をつけてます。

お誕生日会 

ちょっと先週の話しにはなりますが、いつも美味しいご馳走を出してくれるレストランへ行ってきました。
ここのシェフさんとはお友達なのですが、このシェフさんの70歳のお誕生日だったので、いろんな人が集まってお祝いをしました。

もちろん、シェフと相思相愛のプレイエルも。
2001186.png
横に座っているシェフのお友達もプレイエルを撫でて可愛がってくれたので、お食事中、時々放っておきました(笑)。
レストランには慣れているし、ここのシェフさんとはお友達ですし。(いい加減な私・・・。)

2001187.png
いろんな人がかわるがわる可愛がってくれても、一番好きなのはシェフ!!!

美味しいものをお料理して、プレイエルにくれるの

と、プレイエルは大喜び、といったところでしょうか。
このシェフさん、プレイエルが好きすぎて、残ったお肉でプレイエル用にお料理してくれるんです。なんて贅沢な・・・。ブラッセルでもちょっと有名なレストランなんです。在ブラッセルのバイオリニストの堀米ゆず子さん(←クリックでWikiへ)も大好きなレストランで、何度かお店でお話する機会がありました。同じく在ブラッセルのチェリストのミッシャ・マイスキーさんとご一緒していた時は声がかけられず。。。強烈なオーラを放っていたので(笑)。(ちなみにピアニストのマルタ・アルゲリッチさん(←クリックでWikiへ)も在ブラッセルで、スーパーで見かけたことがあります。)

2001188.png
とにかく、お誕生日おめでとうございます。また、うかがいますね。

~ おまけ ~
2001189.jpg
みんなが用意した大きなバースデーケーキをアレンジしたデザートでした。

クリスマスだと言うのに 

クリスマスの時期ですね。
我が家は超多忙な日々が続き、毎年恒例の飾りつけができていません。(ショック!)

0812170v.png
でも、F&Mのアドベントカレンダーにはプレイエルのお菓子も入れて飾りました。

町はおそらくこんな感じ(←ここをクリックで、去年のブラッセルのクリスマスの写真へ)。綺麗なんですよね・・・。この時期のヨーロッパ。なのに忙しくて、パートナー氏は毎日遅く帰ってくるし、lakmeもやることがてんこ盛りで、全然飾りつけができません(涙)
昨年のアドベントクランツ(下の写真)は、森の動物たちでにぎやか。今年はアドベントクランツを買いそびれてしまったんですよね。
0812171.jpg
アドベント1週目はロウソク1本に火がともります。
0812172.jpg
2週目の日曜日に2本めが。
0812173.jpg
3週目に3本めのロウソクに火がついて明るくなります。
0812174.jpg
そして最後の週に4本めのロウソクが灯ると、クリスマスがやってくる。

「lakmeさん、本場ドイツのアドベントクランツって素敵ですね~」

と言われたことがありますが、この森の動物たちでにぎわっているアドベントクランツは、lakmeのオリジナルです(笑)。
動物が好きすぎて、飾っていくうちに仲間が増えすぎてしまいました。

それにしても、今年は10月頃からあまりにもスケジュールがめちゃくちゃで、息切れ状態が続き、気がついたら12月でした。
本当にびっくりしています。毎年楽しみにしているアドベントクランツも買い忘れ、かなり地味な我が家。

でも、今年の冬初めての・・・、と言うより、去年の1月にグランドピアノがきてから初めての薪ストーブをつけました。
調律師さんに言われた通り、ピアノに厚めのカーペットをかけて熱を遮断。乾燥を防ぐため、バケツ一杯の水を下に置いて、さらに濡れタオルをバケツにかけて、湿度計を設置してのフル装備でのストーブの夜でした。

0812175.jpg
「気持ちいいな・・・。」

犬も人間も寝落ちしてしまう、不思議なストーブ。クリスマスはもうすぐ。
明日はロンドンに行ってきます。

~ おまけ ~
0812176.jpg
「ねえねえ・・・、たいくつなんだけど。」






明けましておめでとうございます 2017年 

明けましておめでとうございます!
Happy New Year! Bonne Année! Frohes Neues Jahr!

1001170.jpg

年末年始はいろいろと移動が大変でしたけれど、楽しく過ごすことができました。
そして、現実は厳しい・・・。(頭が仕事に復帰できていない・・・。)
1001172.jpg
私達の帰国後、ブラッセルは急に寒くなり、雪が降りました。
1001171.jpg
なので、休暇中食道楽をして増量したのにも関わらず、家でチーズフォンデュをしてしまいました(汗)。
この鍋とコンロ・・・。どっちも、スイスの牛柄なんですよね。パートナー氏、上下バラバラに買ったものだから、牛付の鍋だったことを忘れて、牛付のコンロまで買ってしまって。。。フォンデュするたびに、かなり食卓は賑やかになります(笑)。

フランスもベルギーも、そしてとうとうパートナー氏の国、ドイツまでもがテロに見舞われた2016年でした。
英国はそんな中EU離脱を決め、EU諸国が保守的なリーダーになっていきそうな風潮です。
ヨーロッパの将来はどうなっていくのでしょう。みんなが不安に見舞われている中、過激な発言も目立つ新大統領が米国では選ばれました。

「2016年は不安がつきない年だったけれど、2017年は良い年になるね」

って言えない、不思議な感覚で新年を迎えたという私のピアノ教師A先生はフランス人。
次の大国の大統領選はフランス。有力候補者2名の対決は、米国の大統領選と似ているとも言えます。
「選挙に行けない。どちらにもフランス大統領になってほしくない」というA先生。
ヨーロッパの将来は、イギリス、フランス、ドイツのリーダーシップにかかっていると言っても過言ではないのに、イギリスはEU離脱。フランスは上記のような大統領選になる模様。ドイツは難民を100万人以上受け入れ、99%以上はテロなど起こさない善良市民とポジティブな発言をしてみたところで、1%は1万人相当だと皆わかっているはず。

ざわざわとしてきた世の中・・・。
そんな事をぐるぐると考えていたところへ、この銀行のポスターを発見。
1001174.png

Die volle Kontrolle in einer Hand. (和訳:片手でフルコントロール)

ハイパーアクティブで運動神経抜群のボーダーコリー、食いしん坊でいたずら好きなラブラドール、やんちゃで不器用なスパニエルの3犬種を片手でコントロールですか。これは、相当高度な技ですよ(笑) 

ああ、でも、こんな風に誰か片手でヨーロッパをまとめて下さい!

今年も皆様どうぞよろしくお願いいたします。

~おまけ~
1001175.png
ヨーロッパではクリスマスの飾りは1月6日の顕現日まで飾っておきます。顕現日は三人の東方の博士が誕生されたイエス様に会いに来た日です。ということで、クリスマスの飾りと鏡餅を一緒に飾ることになるのですが、何だか違和感を感じてしまう。。。