明けましておめでとうございます 2017年 

明けましておめでとうございます!
Happy New Year! Bonne Année! Frohes Neues Jahr!

1001170.jpg

年末年始はいろいろと移動が大変でしたけれど、楽しく過ごすことができました。
そして、現実は厳しい・・・。(頭が仕事に復帰できていない・・・。)
1001172.jpg
私達の帰国後、ブラッセルは急に寒くなり、雪が降りました。
1001171.jpg
なので、休暇中食道楽をして増量したのにも関わらず、家でチーズフォンデュをしてしまいました(汗)。
この鍋とコンロ・・・。どっちも、スイスの牛柄なんですよね。パートナー氏、上下バラバラに買ったものだから、牛付の鍋だったことを忘れて、牛付のコンロまで買ってしまって。。。フォンデュするたびに、かなり食卓は賑やかになります(笑)。

フランスもベルギーも、そしてとうとうパートナー氏の国、ドイツまでもがテロに見舞われた2016年でした。
英国はそんな中EU離脱を決め、EU諸国が保守的なリーダーになっていきそうな風潮です。
ヨーロッパの将来はどうなっていくのでしょう。みんなが不安に見舞われている中、過激な発言も目立つ新大統領が米国では選ばれました。

「2016年は不安がつきない年だったけれど、2017年は良い年になるね」

って言えない、不思議な感覚で新年を迎えたという私のピアノ教師A先生はフランス人。
次の大国の大統領選はフランス。有力候補者2名の対決は、米国の大統領選と似ているとも言えます。
「選挙に行けない。どちらにもフランス大統領になってほしくない」というA先生。
ヨーロッパの将来は、イギリス、フランス、ドイツのリーダーシップにかかっていると言っても過言ではないのに、イギリスはEU離脱。フランスは上記のような大統領選になる模様。ドイツは難民を100万人以上受け入れ、99%以上はテロなど起こさない善良市民とポジティブな発言をしてみたところで、1%は1万人相当だと皆わかっているはず。

ざわざわとしてきた世の中・・・。
そんな事をぐるぐると考えていたところへ、この銀行のポスターを発見。
1001174.png

Die volle Kontrolle in einer Hand. (和訳:片手でフルコントロール)

ハイパーアクティブで運動神経抜群のボーダーコリー、食いしん坊でいたずら好きなラブラドール、やんちゃで不器用なスパニエルの3犬種を片手でコントロールですか。これは、相当高度な技ですよ(笑) 

ああ、でも、こんな風に誰か片手でヨーロッパをまとめて下さい!

今年も皆様どうぞよろしくお願いいたします。

~おまけ~
1001175.png
ヨーロッパではクリスマスの飾りは1月6日の顕現日まで飾っておきます。顕現日は三人の東方の博士が誕生されたイエス様に会いに来た日です。ということで、クリスマスの飾りと鏡餅を一緒に飾ることになるのですが、何だか違和感を感じてしまう。。。

交通事故 

カナリア諸島に1週間行っていました。カナリア諸島なので、カナリアが飛んでるかと思ったのですが、いませんでした(無念)。
島では、ゆっくり休んで、お休み前に起きた交通事故のことなんか、すっかり忘れちゃいましたよ・・・。

~10月の事故のあった日のおはなし~
パートナー氏がケルンで用事があるので、私は一緒に車に乗せてもらい、ケルンから1人でデュッセルドルフへ電車で移動して、友達とご飯を食べる約束をしていました。。。
2211161.jpg
ケルンを目の前にレッカー。。。
ドライバーの死角って必ずあるんですよね。ヨーロッパは右側通行なので、高速の出口は右。
右横を大きなトラックが走っていて、トラックの後ろへ車線変更、その後、出口に向けてもう一度右へ車線変更しようとしたんですよ。。。大きくて長いトラックでと、それまで併走していたのでパートナー氏には見えていなかったんですよ。。。右側車線は工事で車線変更できないようにオレンジと白のオレンジのコーンが沢山並んでいて。。。

コーンに思いっきり突っ込んでいきました!
右側の助手席にいた人は正面から突っ込んでいくのが見えますからね~~~。いや~、本当に、

ぎゃ~~~
って感じです。映画かと思いましたよ。。。
パートナー氏、そのまま何事もなかったように130キロとかで走行し続けたのが幸運でした。止まっていたら、後ろから間違いなく激突。私もパートナー氏も今頃まだ病院で、お嬢さんは虹の橋だったと思います。

2211162.jpg
「なんか、いつもと違う感じだね。どうしたんだろ?」
車は、奇跡的に右前のタイヤのパンクと右のサイドミラーの破損程度。本当に幸運な私達。
2211163.jpg
最寄のADAC(日本のJAFのドイツ版)のセンターへ。
ここで、レンタカーと修理のアレンジ。お嬢さんは、このセンターのおじさん達のアイドルでした。。。まあ、いいけど。
とりあえず、パートナー氏はその後警察にも行かなければならず、ケルンの街中まで連れて行ってもらい、私とお嬢さんはトラムに乗って中央駅へ。そしてデュッセルドルフ駅へDeutsch Bahn(ドイツュ・バーン:ドイツのJRのようなもの)に乗ることに。
2211164.png
DBに乗るのは初めて。切符の自動販売機では人間用と犬用の切符は一度に買えなくてビックリでしたが、仕方がない。
それにしても、私の友人二人。デュッセルドルフの店でのランチを4時間も後にずらしてくれて待っていてくれたのですが、

「いやあ~、大変だね。でも、待ってるから大丈夫」

というような元気な人達。ここで、「いいよ~、事故で大変だったでしょ。また次回にしよう。残念だけど」という展開にはならない強者で、私は気に入っているのですよ(笑)。しかも、二人は店で、


「ドイツの制限時速のないオートバーン(高速)で、どうしてパンクとミラーの破損程度で終わるんだろう?戦車とか装甲車に乗ってきたのかな?」

という会話がされていたらしい。思いっきり、酒の肴になり、到着後も盛り上がりました(笑)。

さて、私はこんな風に無傷でお酒を昼間から飲んでいられることに感謝していたのですが、パートナー氏はすっかりへこんでしまいまして・・・。パートナー氏の落ち込み具合をみて、ベルギーとの国境の町、アーヘンに一泊することにしました。
2211165.png
「ホテルに泊まるみたい・・・。」
突然の宿泊ですから、歯ブラシとか調達しなくてはならず、幸い全てが閉まる日曜ではなく、土曜であったことと、ヨーロッパにしては珍しく夜10時まで開いているスーパーがあったので、立ち寄って購入。もちろん、ドッグフードも。
2211166.jpg
「また、折り紙エサ入れ・・・。」
あ~、ごめん。そうそう、子犬のプレイエルを迎え入れた時も、いろいろ買い揃えておいてから、連れてきたのに、
肝心のエサ入れを忘れて、数日間折り紙したっけ・・・。(←クリックでその時のブログへ)
2211167.jpg
落ち込むパートナー氏を慰めるため、美味しいものを堪能。もちろん、支払いは私ではないです(鬼嫁!)。

翌日、アーヘンの駅からブラッセルへ!
2211168.png
アーヘン駅の前で。(この後、駅の入り口の手前でおしっこしたのは、このワンコです。。。)
2211169.png
小ぶりなアーヘンの駅に比べてやたら雑誌売り場が充実している駅構内の本屋さん。犬の雑誌の種類の多さにびっくり。
22111610.png
乗り継ぎの駅。ここはどこ?列車の中で切符を購入したのですが、犬の分はいいよ、ということでプレイエルは無賃乗車。何だか、皆さん、プレイエルには甘い・・・。
22111611.png
もう少しでブラッセル中央駅。降りる準備中。
22111612.png
中央駅から、メトロを利用して帰宅。お嬢さん、こんなにいい子に公共交通機関を利用できるんですよ~。

今回の旅の地図です。ルートは車の為、電車の部分とは合致していないですけれど、こんな感じです。
221116133.png

カナリア諸島の休暇の後、修理の済んだ車も戻ってきて、みんな元気にしています。

ちなみに、壊れたサイドミラーですが、鏡が割れただけで済みました。割れた鏡が電気のコードにぶら下がっていたのを、窓を開けて手で受け止めて、コードが切れないようにlakmeがずっと持っていたんですよ~。

なので、皆さんも、ぜひ、壊れたサイドミラーは綺麗にキャッチして下さい。

~おまけ~
22111613.jpg
ブラッセル南駅には、ベルギーの生んだヒーロー「タンタン」の絵があるんですよ。素敵でしょう?

帰宅 

雪が降るスイスに1週間滞在。3月5日に無事に戻ってきました。

スキーに行きたい!というパートナー氏の希望から、毎年スイスの山に行くことになったのですが、

パートナー氏、旅の後半で高熱に倒れ、スキーができず!


女子二人(プレイエルと私)で、もりもり雪山を歩きました。

帰路、アスピリンに頼って約11時間運転して無事我が家へ連れ帰ってくれたパートナー氏に感謝。
職場復帰は本日というぐらいのひどい風邪でした。

一方、私ですが、、、

長患いのパートナー氏の介護看護と、高地トレーニング後体力アップしたボーダーコリーの世話に追われるシングルマザー

と化していまして、なんだか今頃になって疲れてきています。

0803163.jpg
久しぶりにお嬢様をシャンプーしてみました。

0803161.jpg
久しぶりのピアノ練習をしていても、お嬢様のお声がかかります。

スイスの写真ですが、パートナー氏が寝込んでいたため、雪山とプレイエルの写真しかありません。
次回、ちょこっとお披露目しますね。

日本から戻って 

日本には10日ほどいました。
パートナー氏は激務の為不参加。お嬢さんと一緒にお留守番でした。
毎年5月頃、ヨーロッパはキリスト教関連の祝日が多くて、私はよく長期の休みを取って日本に帰ります。祝日だけではなく、自分の誕生日も重なるので、懐かしい日本の家族や友達が誕生日を祝ってくれます。グループ毎に祝ってくれたりするので、結構な量をまた食べてしまうんですよね(笑)。まあ、これも帰国時の楽しみです!

2805151.jpg
高校時代の友人と都内某ホテルのレストランで。ハッピーバースデーを歌ってくれたウェイターさん達、感謝!
2805152.jpg
おうち型花瓶。自分用のお誕生日プレゼントで、直島のミュージアムショップで買いました。
手のひらサイズの小さな小さなおうちなので、庭に生えていた雑草のお花を摘んでさしてみました。
2805154.jpg
自分用プレゼント、その2。Papasの野球帽は、ワンコの刺繍が沢山!
これが男性用の野球帽だなんて、ずるい。。。ので、買っちゃいました。

ブラッセルに戻った翌朝、朝食のテーブルには私用のお誕生日プレゼントが。
2805155.png
花束、藤の植木(玄関に植えて、壁を這わせたい)、トレッキングポール(伸縮自在)、トレッキング用リュック(背中が鞄に触れないように空間があるので蒸れない、ポールを運べるようにもなっています)、ドイツの犬の雑誌
パートナー氏、ありがとう!日本に持って行ったスーツケースの中にはバースデーカードが入っていて、「お誕生日まであけないで!」と注意書きがしてありました。さんきゅう!

今回は、本当にいつもあちこちをバタバタ回っていたので、とっても忙しかったのですが、そんな中、私を思いっきり癒してくれたのが、この子。
2805156.png
La Paix(ラペ = フランス語で「平和」)くん。従姉のトイ・プードルで、ぬいぐるみみたい!!!
28051511.png
でも、私が広島を出たら、こんな風に私を一生懸命探していたそう。
従姉は結局、私が使ったお布団で寝ることになったそうです。ラペ君、ここをうろうろして離れなかったみたいで(涙)

一方、お嬢さん。私が帰ると大喜び!
2805157.jpg
帰って最初のお散歩の時のこの笑顔!嬉しそう!

でもですね・・・。翌日から私はサラリーマンですよ。
なので、毎朝の悲愴な儀式が。。。
2805158.jpg
出社前の身支度が終わると、お庭にお嬢さんを出してボール遊び。お嬢さん、楽しそう。
2805159.jpg
「じゃあね!」の一言で、この感じ・・・。
ボール、くわえてたのに、ポトリと落として、全身でガッカリ感を漂わせる。
28051510.jpg
そして、すねて隠れちゃうんです。
ねえ、怒ってる?毎朝、一匹にして出かけてごめんね・・・。

~おまけ~
28051512.jpg
私が不在中、毎日私を探して悲しそうにしていたお嬢さん。
でも、こんな風に遊んでくれた女の子達もいたみたい。

最近のおはなし 

最近、忙しい、忙しいと言っているだけで、実は何もしていないことに気づいてガックリ。まあ、そういうこともあります。。。

今年の4月5日はイースターでした。クリスチャンにとっては、イースターはとても大事な日です。キリストが磔刑にされた金曜日から数えて3日で復活をされた日です。なので、日本語では復活祭ですね。
1404151.jpg
イースターと言えば、基本はウサギと卵ですが、フランスですと鐘もアイテムだったりしますね。ウサギと卵は産みの象徴でもあります。春ですから。そうそう、写真の右端の白い子羊ちゃんが、前回のブログに書いたシュタイフ博物館で購入した子です。ちなみに、その左横の茶色のモコモコの羊ちゃんは、先月のスイス旅行、サンモリッツで買った子です。
羊もクリスチャン的シンボルですからね。。。うちには、羊を守る牧羊犬のボーダーコリーもいますし、沢山いてもいいかと。。。実は、まだ隠していますが、羊のぬいぐるみはいくつかあります(笑)。

さてさて・・・、こんなまったりとした春先。ちょっとした事件がおきまして。。。

「結婚指輪、ホールインワン事件!」

思い出しただけでも、私は笑ってしまうのですが、真面目なパートナー氏はちょっと不機嫌に。
イースターの前の金曜日(=キリスト磔刑の日)、洗面所で朝の支度をしていたところ、外した結婚指輪がポロリと落ちて、なんと、なんとですよ!洗面台の穴に落ちてしまったんです!!!

というと、よく起こることだと思われるでしょうが、穴といっても、普通の排水管に直接つながっている洗面台の最下部にある穴ではなくて、水があふれないようにあいている上の穴にキレイに入っちゃったんですよ~。
1404152a.png
指輪が、カチャンっと洗面台の上に落ちて、はずんで蛇口の付け根あたりに飛んだな、と思ったのですが、その辺りを探してもない。。。あれれ???と思って、もしや・・・、と思い、排水管につながっている下の穴のネットを取って、穴の側面をよーく見てみたら、銀色に光るものが・・・。上の穴にホールインワン!した後、洗面台の裏(?)の隙間を通って、下の穴に続くところで止ってました。(下の穴に続く部分は指輪より間口が小さいのです)

「すごい!これはすごすぎる!」

と、パートナー氏に大興奮して自分の偉業を話したのですが、パートナー氏、

「僕との結婚指輪が落ちて取れなくなってるのに、悲しくないの?」

と寂しそうな答え・・・。
いやあ・・・、確率的にもすごいことだと思うんですけれどね。誰も、上の穴から物が落ちるなんて想定しないじゃないですか。。。なんだか、今日はいいことありそうだと思っちゃったんですけれど。。。
とりあえず、そんな繊細なパートナー氏と一緒に、どうやって指輪を取るか検討し、上の穴から園芸用の針金を通して、指輪をひっかけて取ることにしましたが、針金を指輪にひっかけることができず、時間切れ。会社が休みのパートナー氏が残って、その後、頑張ってくれることに。

1404153a.png
これが、会社に送られてきた写真です。針金に糸を通して指輪に結んで、無事レスキュー!
同僚に話したり、Facebook上にのっけたところ、宝くじを買ってみたら?と言ってくれた人とかいましたが、ほとんどの人たちが、

「とっても心配して祈ってました。本当に取れて良かったですね!」

という意見で、自分のおちゃらけた感じを深く反省しました。

さて、イースターの月曜日はお休みですから、この3連休を利用して、お嬢さんをシャンプーしました。
お嬢さんはシャワーが嫌いですが、逃げられないことを知っているので、いつごろからか無抵抗になり、シャワーのコーナーに自主的に歩いていき、座ってあきらめモードに入るようになりました。ありがたい。
1404154.jpg
こんなに小さくなります。
1404155.jpg
ドライヤーする前。ちょこちょこ毛が巻き上がっているのがたまらなくキュート。

さて、お嬢さんを綺麗に「洗濯」したのにも関わらず、パートナー氏は晴れたからと海に行きたいと言い出す始末。
イースターの日曜日はベルギーの海岸Knokke Heistへ行きました。
1404156.jpg
砂浜でご機嫌なプレイエルは、ボール遊びを堪能しまして・・・、
もちろん、こうやって、悲劇は起こりました。
1404157.jpg
びちゃびちゃなお嬢さん。ご丁寧にここで、ゴロゴロやってくれましたよ。
せっかく、臭いワカメっぽい匂いをシャンプーで落としたのに、本物の海の匂いになってしまった・・・。

さらに追い打ちをかけるように、翌日のイースターの月曜日のお休みの日は、森でこんなお姿に・・・。
1404158.jpg
言うことを聞いて、得意げなお嬢さん

せっかく、シャンプーしたのに・・・。
お嬢さんのシャンプー自体は大した作業ではないのですが、その後、濡れた犬っていうのは、ブルブルブルっとしますんで、シャンプーする地下の部屋が水浸しになるんです。そこを綺麗にする作業がかなり大変だんですよ~~~(涙)

こんな平和なイースターの週末を過ごしたlakme一家でした。

~ おまけ ~
1404159.jpg
「水たまりを歩くのは楽しいんだよ!」