ピアノコンサートと本 

私の追っかけピアニスト、ダニール・トリフォノフ君がショパンのCDをリリース。
現在、ツアーをしており(← 常に世界中をツアーしてますが)、お隣の国、ルクセンブルクのホールでも演奏するというので、行ってきました。

10月21日(土)夜8時開演 @フィルハーモニーコンサートホール
2510171.png
もう、楽しみで、楽しみで、コンサートホールの目の前のホテルを予約して、出発!

ルクセンブルクは、日本ではあまり知られていない国ではありますが、金融で成り立っている小さな国です。
ルクセンブルク語とフランス語の他、ドイツ語が話されていて、英語も通じます。
ヨーロッパ人にとっては、「お金持ちの退屈な小国」というイメージが正しいと思われます。

初訪問のlakmeですが、予想通り、こじんまりとこぎれいな街並みにちょっぴり感動。
とりあえず、遅くなったのでランチをしにレストランへ・・・。そこで受け取ったEメールに驚愕!

2510172.png

キャンセルですよ!ダニール君、病気ですよ!!

25101713a.png
一気に沈むlakmeですが、せめてもの記念にホールの看板の前で撮影。(看板も「キャンセル」と書いてあります)

涙ながらに翌日、ベルギーの我が家に帰宅。
最近買った伝説のピアニスト、グレン・グールド(←クリックでWikiへ)の本を読んで、別のピアノ・モードに突入することに。

2210171.jpg

この本は、ピアノをされている海外在住のブロガーさんがご紹介されていたもので、面白そうだったのでAmazonで購入。
昨年末に出版された英語の漫画ですが、オリジナルはフランス語のようですね。(英語翻訳版と記載されていました)

グールドは奇人変人だったようですが、とにかく犬が大好きで、犬との話が数多く残っています。
漫画にも何匹か登場しますが、その一部を・・・。
2210172.jpg
2210173.jpg
可愛いな・・・。そして、本当に犬が大好きだったみたいですね(笑)

少し前にlakmeが書いたグールドの犬のエピソードについては、ココをクリックで飛びますが、最後に飼っていた犬はプレイエルそっくりです!!!

本ですが、グールドの人生について書いてあるのかと思いきや、抽象的でアーティスティックな感じの内容でした。ですので、グールドの人生を深く知りたいという方には向いていませんが、巻末にグールドの録音した曲の解説や、作者がこの作品をを製作中に聴いていたというグールドの曲がリストアップされています。今度、ゆっくり音楽と合わせて本を堪能したいと思います。多分、そういう感じの本ですね。

~ おまけ ~
2210175.jpg
我が家のお嬢様、ピアノの近くがお気に入り。ピアノを調子よく弾いていると、横で寝ていることもあります。

ピアノの先生に・・・ 


投げキス されました(笑)

ベートーベンのソナタ op14-1を練習しています。軽快で、なかなか良い感じの曲だったりするのですが、ラフマニノフで挫折したので軽めでいきたいとリクエストしたとは言え、サラリーマンに1週間で3楽章全部練習し終えてね、というのは残酷・・・。
あまりにもつっかえた上、A先生*、その日は機嫌が悪かったのか、とうとう怒ってしまい、

「なんで、これができないの?」と怒りのコメント。

何十年ぶりにピアノの先生に怒られたんだろう?

という衝撃から、いきなり気分はバイエル時代の小学生の自分に戻り、必死に次のレッスンまで練習しまして。。。(しかし、フランス女子は、怒ると怖い・・・。)
翌レッスン時、なんとなくまとまったベートーベンを聴いて、A先生、大変ご満悦。

別れ際に玄関先で、「ブラボ~~~!」と投げキスして帰っていきました。

*A先生の説明 : 鼻っ柱が強そうな、パリの11区辺りのバーでタバコ吸ってる30歳前後のパリの女子。ショートカットに黒の革ジャン。ボーイッシュな出で立ちで、性格もざっくりしているものの、専門はシューベルトやブラームスの室内楽・歌曲の伴奏という激しいギャップがlakmeのお気に入り。(← 説明細かいですが、わかる人にはイメージできるかと。)

1410176a.png
とにかく、ピアノは練習あるのみ。また、投げキスもらえるよう頑張ります(笑)

~ おまけ ~
1410173a.png
「ボール投げてよ」
1410174a.png
「ボール遊びしようよ」
1410172a.png
「ピアノ練習で遊んでくれないの?」
1410171a.png
「今、音、間違えたでしょ?」 ← プレイエルは厳しい

我が家で集中してピアノ練習をするのは難しいのです・・・。
1410175a.png
lakme家リビング : グランドピアノ+つぶれたバスケットボール+犬用のおもちゃ

バラがたくさん 

我が家のバラは優秀です。

1706173.jpg
冬の間に余分な枝を切って、垣根にしばっておけば、初夏にこんなに見事に咲いてくれます。
1706174a.png
この時期、この場所に立って眺めているだけで幸せになれます。
1706175.jpg
上の方はライラックの木にまきついているので、ライラックが終わると、バラがライラックの木に満開に。

もう花は終わりになってきましてけれど、また来年が楽しみ・・・。
バラを育てていると、手にひっかき傷ができます。手袋をすればいいのですけれど、ふらりと立ち寄った時に、気になる部分をちょっといじってしまうものです・・・。そして、流血(涙)。けっこう深くとげが刺さると、かなり痛くてピアノを弾くのに支障が出るんですよね・・・。

先月のブログに書きましたが、ラフマニノフのプレリュード、やっぱり難曲です(涙)。
ワニに手をちぎられまくっています(←クリックで先月のブログのワニへ)。。。
そんな中、こちらのクラシック音楽専門のClassic FMのインスタ写真に衝撃!!!

1706171.png

HOW I FEEL WHEN I PLAY RACHMANINOV PRELUDES
(訳)ラフマニノフの前奏曲を弾いている時の気持ち

こ、これは一体・・・。
しかも、この楽譜、私が練習中の前奏曲の最も苦手とする部分だったりしませんか?

あ~、世界中に私と同じぐらい落ち込んでいる人が沢山いるんだと、心に響いていたりします(涙)

~おまけ~
1706171a.png
大好きな従姉がお誕生日プレゼントに送ってくれた「ホロヴィッツ のモスクワコンサート」のDVDを、お嬢さんと一緒に鑑賞するlakme。本当に美しい・・・。

ピアノのレッスンとコンサート 

久しぶりですよね~。ピアノの話。だって、

全然上達しなくて、お話しすることがないんです

浮気をしながらの、ラフマニノフのプレリュード23-2。遅々として進まず。
それでも、先月カタツムリもびっくりの速度で最後まで到達したlakme。今の課題の一つが、

ワニに食べられないように弾くこと。

0405173.jpg
あちこちにワニは出現しているのです。
0405172x.jpg
最後のページのワニ

ワニはどこからやってきたのかと言いますと、あまりの難曲に疲れてきたlakme。練習中に適当に流してきてしまいまして・・・。

「次の音が何でどこに行くかわかってから指を鍵盤から離してそこに着地!」
lakme: 先生、でも、あせって指をはなしちゃいます。
「川岸で川を飛び越える時に着地地点を考えないで飛ぶと川に落ちるのと一緒で、ちゃんとわかってから飛ぶこと。」
lakme: 川に落ちたら、ワニに指を食べられちゃいますね。
「そうよっ!!!だから、飛ぶ先がわかるまで指を離さないで!」

0405174.jpg
そんなわけで、ワニ注意

練習中は音をペダルでひっかけといて、指がちょっと迷ってから着地って多いかも。次の音の最終確認ができるまで、離さずにじっと堪えて指を置いておくって難しかったりします。みなさんもお試しあれ。

さて、4月末にこちらは3連休があり、lakme一家、どこにいくか考えているうちに日が経ち、迷いに迷って、
ピアニストのDaniil Trifonov君に行く先を決めていただきました。
04051711.jpg
4月30日ドイツのドルトムントでのショパンのピアノ協奏曲第一番、第二番の連続演奏コンサートへ。
0405178.jpg
このドルトムントのコンサートホールにはJAZZピアニストのチック・コリアのクラシックコンサートで来たことがありましたが、音響が素晴らしいです。
0405179.jpg
ドルトムントコンサートホールのマスコット、翼のついたサイ。

演奏は素晴らしかったですよ。特に後から弾いた1番は感動ものです。2つの協奏曲を一晩で弾くなんて、すごい!マーラー室内楽団との共演でしたが、指揮は元ピアニストのPletnevさん。この楽団は世界中から若い人を呼んできて構成しているとのこと。チェロのお兄さんがイケメンでした(笑)。
そして、コンサートの感動冷めやらぬまま、コンサート会場のピアノショップをのぞいてみると、まさかのコラボ製品が・・・。

ピアノ界のロールスロイス STEINWAY と、
ブンデスリーガの有名チーム ボルシアドルトムント のコラボグランドピアノ
 Steinway公式ページは、ココをクリック
 ボルシアドルトムント公式ページは、ココをクリック

04051710.jpg
左下2番目が、香川のサイン SK と思われます(笑)
STEINWAYの188センチモデルAで、ボルシアドルトムント仕様&選手のサイン入りで86870ユーロ。日本円で約1千8十万円ぐらいですね。

(演奏に)感動と(コラボピアノに)衝撃のドルトムントの夜でしたが、ますますDaniil君まっしぐらになったlakmeです。

~おまけ~
0405171a.png
我が家のピアノ、調整中

なかなか上達しないのです 

ピアノを習ったのは、7歳の時。それからレッスンを受けたのは10年ちょっとぐらいです。
ピアニスト禁断のスポーツ、バスケットボールをしていた時期には何度も突き指をして、まともに弾いていたのは、もっともっと短かったと思います。レッスンをやめてからも、指や手の怪我には何度も何度も泣きました。本当によく手を怪我するんです。最後の大きなけがは、右手の平の骨のひび。こんな故障続きの状態で、最後のレッスンからのブランクは20数年。ようやく、ブラッセルでレッスンを受けることになったのが2010年の春。もっと早くからレッスンを再開していればよかったと思ったぐらい、指はガチガチに。そして、手の平の骨のひびは手首に後遺症を残したようで、先生にもわかるような弾き方だったとか。。。

2602174.jpg

まあ、そんなこんなのほぼゼロからのスタート。2014年の秋にフランス人のA先生に出会って、ちょっぴり明るい未来が見えてきたような気はするのですけれど・・・、

なかなか上達しないのです!

これが今の悩み。これは、この数年間勉強しているドイツ語も同じ(涙)。

もう努力あるのみ。ほとんど体育会系ピアノ部です。
現在、ショスタコーヴィッチのフーガを練習しています。青年ピアニスト、トリフォノフ君の演奏を聴いて、弾いてみようと思った一曲。プレリュードはすでに終了していますが、フーガって本当に隠された仕掛けだらけ。泳ぐ白鳥が優雅に見えるのは、水面下で足を一生懸命動かしているから・・・、みたいなイメージですよ。。。

ショスタコーヴィッチ フーガ イ長調の楽譜
2602171.png
音符の数は少ないですけれど、2本の手に対して、メロディーは3つ。ピアノを弾いたことがある人ならわかる、この不条理。

「また、lakmeとパートナー氏とプレイエルを登場させてね」

A先生のコメント(笑)。わからない方は、ココをクリックして過去の「バッハを練習中」をのぞいてみていただければ・・・。

そんなA先生の期待に応えて、3人はショスタコーヴィッチの楽譜に登場。
2602172.jpg
lakmeは高音部(ピンク)、パートナー氏は低音部(緑)、プレイエルは中音部(オレンジ)の部分を担当して、それぞれの旋律でストーリーを作っているという楽譜。

2602173.jpg
難しいのはプレイエル。二人の間(=右手と左手)を行ったり来たり。

「ここ、パートナー氏が弱すぎるわよ。」
「プレイエルをもうちょっと目立たせて。」
A先生、完全にハマってしまった様子で、指示もこんな感じですよ(そして、顔は真剣)。

複雑さの極み、ラフマニノフのプレリュード(下の写真、右側の楽譜)と並行して練習中です。
2602178.jpg

「音符の数的には、フーガと、このラフマニノフのプレリュード、足して2で割ると、ショパンぐらいでいい感じですよね」

思わず出てしまったlakmeの一言に、A先生かなり受けてくれましたが、ラフマニノフって音符が多すぎる・・・。老眼が入ってきた私には、詳細を見るのが辛い(苦笑)。昔、歌の先生が伴奏譜をA3に拡大していたのを思い出しました。(伴奏者のピアニストさんは、大きすぎて弾きにくいと苦笑していましたっけ)

とりあえずはショスタコーヴィッチのフーガのレッスンは終了。もう少し速度を速くしたいので、自分で練習を継続中。
次回のレッスンからバッハ先生の平均律に戻ります。(ラフマニノフは、終わる気配もなく、そのまま継続)

ああ・・・、いつか、もうちょっと綺麗に演奏できる日がやってくるのでしょうか・・・。

~ おまけ ~
2602176.jpg
フーガの中で難しい役割を担っているらしいプレイエルお嬢さんは、ピアノの下を行き来して、ボール遊びに夢中。