クリスマスがやってくる 

風邪をひいてちょっとダウンしていた間に、12月突入。クリスマスムードもかなり本格化してきた感じです。我が家もクリスマスの飾りを探してきました。

今年のヒットは、アドベントカレンダー!

ちょっぴりアドベントを説明させてもらうと、クリスマスの4回前の日曜日から始まりまる時期といったところでしょうか。今年は12月2日から。アドベントクランツ(クリスマスリース)に4つのキャンドルを立てて、日曜日ごとに1本ずつキャンドルを灯していって、4本目に火がつくと、クリスマスは間近!

PC027137.jpg
今年のアドベントクランツ

で、アドベントカレンダーはと言いますと、ちょっとアドベントの時期とはずれてしまうのですが、クリスマスイブまでの12月1日~24日のカレンダーのこと。24個の窓がついていて、窓を開けると中にちょっとしたお菓子が入っているものが一般的。パートナー氏のお国、ドイツではとてもポピュラーで、子供たちは、毎日一個ずつお菓子が食べられると大喜びなのだとか。

これが今年のヒット
PC017094.jpg
可愛いワンコ柄。絵をよくよく見ると、なんだか可笑しい・・・。
で、それだけじゃないんです。。。

PC017101.jpg
1日目の窓の中身

そして、それを食べる人・・・。
PC017104.jpg
プレイエル・・・?

これ、犬用のアドベントカレンダーなんです!!!
笑ってしまいますが、いつもオンラインでドッグフード類を買っている会社が、おまけでつけてくれたもの。去年はこんなのなかったので、かなり大うけ!

PC027135.jpg
今日は2日なので、2日のあたりの柄を見ると、ボーダーコリーとビーグルの雪合戦。なんか、元気いっぱいの犬種に似合った設定だなあ、とぷぷぷ・・・と一人ウケ。

そして初雪!朝起きて、プレイエルの散歩に出ようとドアを開けてびっくり。。。
あまりの雪に、帰ってきたらこんな状態に。。。
PC027128.jpg
二人ともびっしょりの図

PC027147.jpg
プレイエルは雪が大好きなので庭でも大はしゃぎ!
新しい家での初雪はなかなかなもの・・・。

PC017120.jpg

クリスマスまで、後23日。
病気や怪我に気を付けて楽しいクリスマスを過ごしましょう。

違うと思うけど・・・、間違ってもいない 

ポスターでよくみる千本鳥居を見に伏見稲荷大社に行った。
京都は、すでに5回ほど行っていたけれど、ここは初めて。

画像 679
入口に大きなお稲荷様。なんか、よく見る感じ・・・。

P5124012.jpg
サッカーボールを追うプレイエル。。。お稲荷様に似てるのね。。。

画像 735
修学旅行生はどこにでもいる。

画像 702
千本鳥居は感動的。死ぬまでに見るべし。。。

画像 728
鳥居に柑橘類の木。いいですよね、日本・・・。

と、いきなり、パートナー氏(← ドイツ人)、
「あっ、神社にドイツの国旗がある!」

画像 692

パートナー氏は間違っていない・・・。
サッカーのワールドカップ会場で、みんなで振って応援してそう。


*写真が抜けた状態でアップされていたみたいですね。すみません・・・。

薔薇の色が・・・ 

ミニ薔薇を育てています。普通の薔薇を鉢植えで育てようとしたら、近所の植物園のような花屋さんが薔薇は根が長く深く伸びるので、鉢にしないようにと言って売ってくれたなかったので。(← 商売っ気ゼロ)

白と黄色を室内で育てていますが、長い間休暇に出ると、水があげられなくて弱い株から枯れていってしまいます。いまや、白いバラは2株。黄色は1株しか残っていません。。。それでも大事に育てている。

DSCF2541.jpg
小さくぽちっと咲く白いバラは優雅で私のお気に入り

P4223879.jpg
黄色は元気な感じがあって、白いバラとは違ったキャラでよろしい!

プレイエルが薔薇の葉っぱを食べるので、届かないように椅子の上にのせておいて殺虫剤をまれにまいていたけれど、極力薬品を使わないように頑張っていた。でも、とうとう白い薔薇がひどいうどん粉病にかかってしまって、薬品のお世話に。プレイエルは大きくなって、椅子の上にのせた薔薇にも届いてしまう。。。仕方なくテラスに出してみた。

P4283893.jpg

あれ・・・?白いバラのはずでは??白とピンク???

びっくりというか、唖然というか・・・。私の白いバラはどうなっちゃったんでしょう?
こんな現象が自分のお花に起きたことがある方、お知らせくださいませ。

DSCF2736.jpg
「この蕾、白とピンクになっちゃってますよ」

わからないマスコット達 

大好きなレゴ。ベルリンで見つけたレゴで作られたキリン。ドイツっぽく精巧にできています。
みんな前に立って写真を撮ったりして・・・。もちろん私も。
レゴのキリン

こちらの人達のセンスってわからない、と顕著に思うのが、ぬいぐるみとかマスコットとか、所謂「可愛い」はずの者達。明らかに感覚が違うものが多い。特にビックリしたのが下の3つ。。。

ゲント 怖い人形
これ。。。「私の可愛い・・・、何ちゃん???」頭がありすぎて、どう呼んだらいいのかわかんないです。

ハローキティ2
キティちゃんの干支シリーズ。とりあえず、干支のキャラを被り物にしてみたマスコット。がしゃぽん(?)で買いました。12種類あるので、友達とお互い違うのが出るように祈りつつ、高速道路の休憩所で2個ずつトライしました。私は、イノシシとトラ。

ハローキティ
拡大写真。ちなみに、被り物を脱がすと、普通のキティちゃんが出てきます。

プーさん2
こっちは、かなり気に入っているプーさんの「オーシャンエディション」。
キティちゃんのガシャポンの時と同じ友人と、全部違うのをもらおうと、必死でやったところ、一番欲しかったクラゲをゲット!

プーさん
かなり、気持ち悪いです。クラゲ、カクレクマノミ?、タツノオトシゴ。魚以外は、持っている価値ありそうなぐらい可愛くない。特に、クラゲは触り心地もブニョブニョで、どうにもなりません。こちらも、被り物を脱がすと、普通のプーさんが出てきます。

とまあ、変なものを探そうと思えばきりがないのですが、こっちの人達、というか、子供達、これが可愛いんでしょうか?

ちなみに、日本ではキティちゃんは「キティちゃん」と呼びますが、海外では「ヘローキティ」と英語読みそのままで呼びます。フランス語圏の人が発音すると、「エロ キティ」となるので、友人は、フランス人の義母が娘にキティちゃんのグッズをあげる度に「なんだかね~。。。」と思うのだそう。

センスがわからない看板 

ヨーロッパのキャラクターや、ぬいぐるみを見ても、圧倒的に日本の方がキュートだし安心できるようなおだやかさがある。こちらのキャラ達は何となくトゲトゲしているというか、和めないものが多いというのが印象。

以下、私が気に入っている看板キャラ達。オランダで見つけました。
怖い看板1
これ、自分を美味しそうに演出しているというか、なんだか良くわからない状況。あんぱんまん状態でしょうか?とりあえず、スニーカーはバッチリ決まってます。言わずとも明らかなホットドッグ屋さん。アムステルダムで見つけました。

怖い看板2
何屋さんでしょう???答えは魚屋さん。折れた痕と見られるひげの穴がナマズっぽさを出していますが、右手にはワインボトル、左手は、お客さんとツーショットをするために平たくなっています。魚屋さんでツーショットの必要があるのかはともかく、私もツーショットしてしまいました。オランダのゼーランド地方で見つけたと記憶していますが、町は忘れました。

怖い看板3
この看板。。。もちろん、アイスクリーム屋さんですけど、男の子の目が怖い。笑っているのに。。。この店のアイスを食べないと、なんだか夢に出てきそう。赤、白、黄色、オレンジの4色にこだわっているのは上のホットドッグも同じ。オランダのナショナルカラーは確かオレンジなので、しっくりくるんでしょうか?あるいは、オランダ的コスト削減(オレンジは安いとか)?この男の子の看板は、2,3箇所で見かけたことがあります。ゼーランド地方で。

まあ、日本なら採用不可みたいなグロテスクな濃いキャラが多い。これを看板にしようとすること自体、やっぱりセンスが違うなと思ってしまう。ちなみに、こんなのはフランスでは見かけたことはないです。(フランスのかっこ良さ・・・というか「見かけ」主義は徹底しているので、こんなのはあり得ません)

ところで、らばQという主に海外の面白ネタを翻訳しているサイトがありますが、そこにこんな看板はセンスがいいと思わずにはいられない、恐ろしい遊具・彫刻達のネタがありますので、「らばQ ロシア 遊具」でgoogleしてみて下さい。