スーパーウェルカム 

今日、新しい家に引っ越してから、初めてお掃除とアイロンがけをしてくれるクリーナーさんに来てもらった。パートナー氏も私もきれい好きだし、家には朝と夜と週末しかいないので2週間に1度。
ヨーロッパ大陸では、共働きの家族がほとんどなので、毎週クリーナーさんに来てもらっている一般家庭が多い。子供が小さければ、ベビーシッターさんも雇っていたりする。何しろ学校までの送り迎えをしなくてはいけないし、はっきりした学区がないので、公立とはいえ近くの学校に行くとは限らないのです。
イギリスでは子供の送り迎えは義務と聞きましたが、ベルギーでは義務ではありません。でも、少女誘拐が多い国でもあるので、みんな送り迎えはほとんど義務のようなもの。

さて、そのクリーナーさん、とっても愛くるしい方で、パートナー氏がもう10年以上も雇っている人。おそらく30代後半だと思う。で、実は、あまり犬が好きではない模様・・・。前の家では、プレイエルを赤ちゃんゲートで区切った場所に閉じ込めて作業をしてもらっていたけれど、今度の家は、1階がオープンスペースのような間取りなので、閉じ込めるのは無理。。。ということで、試しに、プレイエルと「共存」してもらうことに。プレイエルは掃除機に向かって戦いを挑むので、最後に掃除機を使うタイミングで、彼女にお庭に出してもらうことにしようと・・・。

朝、パートナー氏が玄関先で、クリーナーさんを迎えると、

プレイエル、ジャ~ンプで大歓迎!スーパーウェルカム!

プレイエルはクリーナーさんが好きなのです。。。片思い。。。でも、クリーナーさんも、1年あまりプレイエルを見てきているので、最近は、プレイエルが汚したのに、かばってみたり・・・と、友情も芽生えたようでして・・・。

さて、これからどうなるか。寒い季節になって、朝の凍りつく庭にはもう出せないのだろうから、12時ごろの掃除機のタイミングまで、プレイエルよ・・・、おとなしくクリーナーさんにお仕事させてあげてちょうだい・・・。

pleyelMAY110080.jpg
こんなに小さかった時も・・・、
P9115890.jpg
こんなに大きくなってからも・・・、

クリーナーさんは月に2回、(赤ちゃんゲートのむこうの)プレイエルと一緒だったんです。しみじみ・・・。