今年最後のブログ・・・? 

*文中、水色の文字をクリックすると他へ飛びます!

明日は、友達夫婦が大晦日を祝いにやってくる。

クリスチャンではない日本では、12月25日は祝日ではないし、友達、恋人達と祝うイベントで、大晦日&元旦は、会社も休業となっているところが多くて、どっぷり家族で集まって、お寺や神社へ出向く宗教イベントという感じですが、ヨーロッパは逆です。クリスチャンであるヨーロッパの国々では、25日は祝日。国によっては、翌日の26日も祝日。クリスマス礼拝もあって、にわかクリスチャンも続出。会社はというと、国の祝日以外は全部開いていますから、31日まで営業して、1月1日は祝日。仕事始めは2日というのが普通でしょう。で、大晦日はと言うと、友達と集まって、どんちゃん騒ぎが普通。外では花火や爆竹を鳴らしたり、と、日本の荘厳な大晦日と違って、かなりにぎやか。

3012121.jpg
プレイエル "Xmas version"

さて、明日やってくるのは、日本人とベルギー人カップル。ベルギー人の旦那さんは夜の料理学校に通っていただけあって、セミプロの腕前。何度もフルコースメニューのディナーのお招きにあずかっている。。。今回、ブラッセルにいるならどうぞと誘われていたのだけれど、よくよく考えたら、プレイエルお嬢さんを置いていくわけにはいかないということに気づいた・・・。カウントダウンまでいるとなると、帰りは1時頃。庭に出すには、ちょっと寒いだろうし、何よりも、花火や爆竹がなったりしたら、怖くて震えているに違いない。。。
ということで、我が家にお招きした。

きゃ~、何を作ろう???

パートナー氏と悩むlakme。明日は買い出しに行ってから、昼寝して(← 重要。お客様は深夜に帰宅なので)、準備します!

まあ、こんなに年末でばたばたな中、昨日はケルンに行きました。ベルギーの冬のセール期間は国で決められていて、この冬は1月3日~31日。ドイツは特に決まりはなくて、クリスマスが終わるとすぐにセールが始まります。一足先にセールをちょっと覗いて、白の厚手のセーターを入手。うれしい!

ついでに思いっきり、lakmeの大好物、ソーセージ食べてきました。(本場のヴルストは美味!)
3012122.jpg

忙しいついでで、今日は今年最後のピアノレッスン!

ラフマニノフのMoments Musicaux V、完成しました(拍手)!

久しぶりの音取りに苦労しないシンプルな曲でしたけれど、シンプルなだけに、いかに美しく弾くか悩みました・・・。まあ、去年のPrelude 23-6を思えば、楽ちん!ですけど(← 言い切れるぐらい、Prelude 23-6は、技術面はともかく、音楽的難易度が高かったです。チャレンジされる方は要注意)。

で、もう一曲用意していたリストのSposalizioを見てもらおうとしたら、先生が突然、

「Lakmeちゃん、ドビュッシー弾かない?」

と楽譜をちゃっかり譜面台に置いてしまった。

~沈黙~

書くと長くなるので、短くまとめると、

3012123.jpg
ドビュッシーのSuite Bergamasqueのプレリュードを弾くことになりました・・・。

「月の光」も候補だったのですが、みんなが弾くので食傷気味だからこっちで!という軽さ。こんな決め方でいいんでしょうか?

リストのSposalizioは6拍子で音楽的難易度がとても高い上、ここのところ、似たような感じの後期ロマン派づくしだったので、一気にイメチェンをすることになったわけです・・・。思いがけず、あこがれのフレンチ音楽デビュー。再来年にでも、私のゴール、プーランクでも弾ければいいのですけれどね。。。

2013年の目標:ドビュッシーを美しくまとめる

3012124.jpg
ピアノ弾いてないで遊んで欲しいと抗議するプレイエルお嬢さん