犬連れスイス旅行1 

3月21日から30日まで、スイスのサンモリッツの横っちょのPONTRESINA(ポントレジーナ)という町に滞在しました。
今年は雪が続いて寒い3月だったということですが、大雪にも見舞われて、本当に楽しい滞在になりました(雪好きlakme)。

ブラッセルから約860km程のポントレジーナは、高級リゾート地のサンモリッツや、イタリア国境も近く、スイスジャーマンと呼ばれる、スイスのドイツ語と、ロマンシュ語の地域。(←過去のブログへ
860kmをドライブすると、だいたい8時間かかります。ベルギー>ルクセンブルク>フランス>スイスと、3回国境を越えますが、お金持ちの国ルクセンブルクの高速は、スムースででこぼこ一切なし。ガソリンも安いので、満タンにしていく旅行者の車が行列。フランスは、アルザス地方を縦断するのですが、アルザスは、ドイツになったり、フランスになったりと、国境が揺れた地域。小学校の時「最後の授業」(←クリックでwikiへ)って習いませんでしたか?あの地域です。フランスは、めずらしく高速料金を取られる国。その後、スイスへ。バーゼルという化学品を扱う企業の工場があちこちにある都市を通過してから、チューリッヒ湖を通り、スイスの山を越え、カーブの続く山道が続いて、山越えをするとサンモリッツ!もちろん、カーブでぐったりしたプレイエルお嬢さんは、ゲ~っともどしちゃいました(涙)。
でも、渋滞もなく、無事に雪景色のポントレジーナに21日の夕方到着。

写真を見たところ、1200枚ほどあって(そのうち900枚にプレイエルが写っている感触)、一体、何をどうブログにアップしたらよいのかわからず。タイトルも、1としましたが、果たして続けられるかどうか。どうしよう・・・。

とりあえず、プレイエルが大喜びだった ことは間違いありません!!!

310313.jpg
3月22日 Muottas Muragl (2456m) にて