Archive

 2014-02- 

春近し 

北米は大雪でパニック状態の冬。イギリスはクリスマスから大洪水続き。
日本もいきなり大雪で大変な騒ぎになっていて、、、

ベルギーは暖冬です。

やたら暖かくて、雪、いつだったかに一度見たきりで、積りもしませんでしたし。。。

今日は、久しぶりに庭いじりなんかしてみました。
2202140.jpg
庭のクロッカスも元気よく咲きだして・・・
22021400.jpg
ピンクのバラも咲き始めました。この子が今年の1番さん。

イメージわかないかもしれませんが、北ヨーロッパの冬は、夜がとっても長いんです。朝8時すぎないと明るくならず、夕方4時頃は真っ暗。それが、だんだん日が長くなってきて、最近は5時過ぎでも明るい。。。嬉しいですよ~。

そんな中、お嬢さんは。。。
2202141.jpg
心が引き裂かれんばかりの瞬間。しかも、毎朝の出勤時がこんな感じ・・・。
日が長くなって、楽しい雰囲気になっていく中、毎日毎日、一匹で私たちの帰りを待っているプレイエル。あまりにも気の毒なので、できるだけ早く帰っては、まだ明るいうちに緑の中を歩くようにしてます。(暗くなってからの公園とか、少々危ないですからね)
もちろん、お嬢さんが大好きなのは・・・、
2202142.jpg
土曜日の朝。朝食妨害中。
お行儀悪いですけど、嬉しくてしょうがないのが伝わってくるんですよ。

週末晴れたら、近くの森へ行くことにしてます。久々のソワーニュの森(ブラッセル南西部に広がっています)。
2202143.jpg
シェパードとフレンチブルを連れたジョギングお姉さんに遭遇。シェパードはまだ子犬のようで、プレイエルと遊びたくて仕方がないのに、相手にしてもらえず。。。プレイエルの枝をとっちゃいました。
2202144.jpg
森の散歩は本当に楽しい。この後、4-5歳の子供達のグループ(10人ぐらい?)に遭遇したのですが、プレイエルはリードなしでもお行儀よく道の脇でお座りしてみんなが通り過ぎるのを待っていたので、引率していた人達が褒めて下さいました。その後、ちびっこ達がプレイエルに触りたいとやってきたので、頭をなでてもらったり。プレイエル、いい子にしてくれてよかった。

~ おまけ ~
2202148.jpg
庭仕事をしている最中、とにかく邪魔をする・・・。せっかく手入れをした背の低い植物達は、お嬢さんが駆け抜けて台無しに・・・。あ~あ、と思うけれど仕方がない。何しろ、ここは、JARDIN PLEYEL(ジャルダン プレイエル=プレイエルの庭)もちろん、パリのコンサートホール SALLE PLEYEL(←クリックでWikiへ)をもじってます。