NYにいきました (2) 

NYの話がものすごく昔に思えるくらい、ベルギーに戻ってからいろんな事がありました。
ご存知のように、ブラッセルはテロ警戒レベルが最高の4まで引き上げられ、2日間学校はお休みになり、公共交通機関もいくつか不通に。私の会社も1日自宅待機の指示が出ました。今はレベル3まで下がり、明日、11月30日月曜日に政府が再度警戒態勢のあり方を討議することになっています。
気の毒なのは、観光産業他、レストラン等のサービス産業に従事している人達。外出を恐れて、レストラン等はお客さんが入らないのだそうです。友達のシェフもさびしそうにしています。
そんな中、私とパートナー氏は、犬を連れてドイツのケルンへ、大好きな上原ひろみちゃんのコンサートに行ったりとか・・・。

NYから帰ってから、こんな感じでいろいろとありまして、のろのろと書いています。。。

~美術館編~
今回の滞在中、美術館や博物館に結構行きましたので写真集です。
One World Center (9・11事件のあった跡地に立ったメモリアルの展望ビル)
2911154.jpg
ここを通って、展望台へ行きます。隣の広場は、テロで崩壊したツインタワーの跡地。メモリアル博物館も建てられています。
あんなに多くの人が、突然亡くなった大変な事件。ここを訪れた数日後、パリのテロを知ることになりますが、なぜ、こんなことを繰り返すんでしょうね。。。ヨーロッパのテロや難民受け入れ問題については、また別の機会に書かせていただきますね。
Top on the Rock (ロカフェラーセンターの展望台)
2つ前のブログでアップした写真(←クリックで前のブログへ)は、ここから撮影したものです。夜景はロカフェラーセンターの展望台が一番みたいです。
MoMA (モダンアートの美術館)
2911159.jpg
ピカソの彫刻展をやっていました。この子はフクロウなんですが、スターウォーズのダースベイダーの被り物ををしたフクロウにしか見えませんでした。かなりキュート。
2911155.jpg
窓ガラスが壁全面になっていて、街中にいるんだな、と再確認。こういう構造の建物、好きです。
Cooper Hewitt Museum (デザイン美術館)
2911156.jpg
昔の邸宅をそのまま美術館にしたもので、デザイン美術館ということでかなりモダンな展示物でしたが、建物自体はかなり古典的な素敵な建物でした。セントラルパークの東側、高級住宅街の中にあります。
Metropolitan Museum of Art (メトロポリタン美術館)
29111513.jpg
メトロポリタン美術館にも、壁一面のガラス窓があります。古代の神殿の展示室。
外のセントラルパークの景色と混ざっていい感じです。
2911157.jpg
お約束の熊さんと写真!
29111510.jpg
エジプトコーナーにいた可愛いジャングル大帝レオ君。
2911158.jpg
これは、、、。もうちょっと下の写真をご覧ください。
American Museum of Natural History (自然史博物館)
29111511.jpg
ロンドンの自然史博物館もそうですが、お迎えは恐竜ということらしいです(笑)。
29111512.jpg
この博物館はこれで3度目なのですけれど、どうしても、このクジラを見にきてしまいます。等身大のクジラです。
何とも雄大で、海って不思議だな、とあらためて考えさせられる空間です。このクジラの展示の真下にはマットレスがあって、みんな寝そべってクジラを眺めています。
The Morgan Library and Museum (J.P.モルガン氏個人の図書室と書斎)
NY訪問4回目ですが、今回初めて訪れたモルガンライブラリー美術館は本当に素晴らしかったです。
「大富豪とは」を思い知らされるようなコレクション。。。圧倒的な資金力ですね。
2911151.jpg
個人の図書室。その横が書斎でした。本のコレクションだけではなく、絵画、その他美術品も相当なものだそうです。
2911152.jpg
ストラビンスキーの自筆の楽譜。「火の鳥」ピアノ版です。
ベートーベンの楽譜もありましたが、ストラビンスキーは印刷したかのような整理されたものでしたけれど、ベートーベンはぐしゃぐしゃでした。。。
2911153.jpg
天井の鳥の柄の飾り。鉄骨アート好きな私にはたまらないものですが、この数日後に訪れたメトロポリタン美術館で、モデルを発見(5つ上の写真をご覧ください)。間近で見られて感激でした。

NYは一流のモノが沢山。田舎のブラッセルとは違うなあ・・・、としみじみ。
でも、これだけいろんなものやお金が溢れていたら、本気で競争しないと、ついていけないかもしれないという現実が見え隠れしていました。のんびりな田舎首都のブラッセルも悪くないのかな・・・。

~おまけ~
29111514a.png
メトロポリタン美術館の1階入口のエリアには、美しい花が沢山の大きな花瓶に飾ってあります。この花は、大富豪の奥様、Lila Wallaceさんの遺言によって、彼女の遺産から毎日贈られているものです。ずいぶん前のNHK(?)のドキュメンタリーで知ったのですが、何て素晴らしい遺言なんだろうと思ったものです。