Archive

 2016-11- 

交通事故 

カナリア諸島に1週間行っていました。カナリア諸島なので、カナリアが飛んでるかと思ったのですが、いませんでした(無念)。
島では、ゆっくり休んで、お休み前に起きた交通事故のことなんか、すっかり忘れちゃいましたよ・・・。

~10月の事故のあった日のおはなし~
パートナー氏がケルンで用事があるので、私は一緒に車に乗せてもらい、ケルンから1人でデュッセルドルフへ電車で移動して、友達とご飯を食べる約束をしていました。。。
2211161.jpg
ケルンを目の前にレッカー。。。
ドライバーの死角って必ずあるんですよね。ヨーロッパは右側通行なので、高速の出口は右。
右横を大きなトラックが走っていて、トラックの後ろへ車線変更、その後、出口に向けてもう一度右へ車線変更しようとしたんですよ。。。大きくて長いトラックでと、それまで併走していたのでパートナー氏には見えていなかったんですよ。。。右側車線は工事で車線変更できないようにオレンジと白のオレンジのコーンが沢山並んでいて。。。

コーンに思いっきり突っ込んでいきました!
右側の助手席にいた人は正面から突っ込んでいくのが見えますからね~~~。いや~、本当に、

ぎゃ~~~
って感じです。映画かと思いましたよ。。。
パートナー氏、そのまま何事もなかったように130キロとかで走行し続けたのが幸運でした。止まっていたら、後ろから間違いなく激突。私もパートナー氏も今頃まだ病院で、お嬢さんは虹の橋だったと思います。

2211162.jpg
「なんか、いつもと違う感じだね。どうしたんだろ?」
車は、奇跡的に右前のタイヤのパンクと右のサイドミラーの破損程度。本当に幸運な私達。
2211163.jpg
最寄のADAC(日本のJAFのドイツ版)のセンターへ。
ここで、レンタカーと修理のアレンジ。お嬢さんは、このセンターのおじさん達のアイドルでした。。。まあ、いいけど。
とりあえず、パートナー氏はその後警察にも行かなければならず、ケルンの街中まで連れて行ってもらい、私とお嬢さんはトラムに乗って中央駅へ。そしてデュッセルドルフ駅へDeutsch Bahn(ドイツュ・バーン:ドイツのJRのようなもの)に乗ることに。
2211164.png
DBに乗るのは初めて。切符の自動販売機では人間用と犬用の切符は一度に買えなくてビックリでしたが、仕方がない。
それにしても、私の友人二人。デュッセルドルフの店でのランチを4時間も後にずらしてくれて待っていてくれたのですが、

「いやあ~、大変だね。でも、待ってるから大丈夫」

というような元気な人達。ここで、「いいよ~、事故で大変だったでしょ。また次回にしよう。残念だけど」という展開にはならない強者で、私は気に入っているのですよ(笑)。しかも、二人は店で、


「ドイツの制限時速のないオートバーン(高速)で、どうしてパンクとミラーの破損程度で終わるんだろう?戦車とか装甲車に乗ってきたのかな?」

という会話がされていたらしい。思いっきり、酒の肴になり、到着後も盛り上がりました(笑)。

さて、私はこんな風に無傷でお酒を昼間から飲んでいられることに感謝していたのですが、パートナー氏はすっかりへこんでしまいまして・・・。パートナー氏の落ち込み具合をみて、ベルギーとの国境の町、アーヘンに一泊することにしました。
2211165.png
「ホテルに泊まるみたい・・・。」
突然の宿泊ですから、歯ブラシとか調達しなくてはならず、幸い全てが閉まる日曜ではなく、土曜であったことと、ヨーロッパにしては珍しく夜10時まで開いているスーパーがあったので、立ち寄って購入。もちろん、ドッグフードも。
2211166.jpg
「また、折り紙エサ入れ・・・。」
あ~、ごめん。そうそう、子犬のプレイエルを迎え入れた時も、いろいろ買い揃えておいてから、連れてきたのに、
肝心のエサ入れを忘れて、数日間折り紙したっけ・・・。(←クリックでその時のブログへ)
2211167.jpg
落ち込むパートナー氏を慰めるため、美味しいものを堪能。もちろん、支払いは私ではないです(鬼嫁!)。

翌日、アーヘンの駅からブラッセルへ!
2211168.png
アーヘン駅の前で。(この後、駅の入り口の手前でおしっこしたのは、このワンコです。。。)
2211169.png
小ぶりなアーヘンの駅に比べてやたら雑誌売り場が充実している駅構内の本屋さん。犬の雑誌の種類の多さにびっくり。
22111610.png
乗り継ぎの駅。ここはどこ?列車の中で切符を購入したのですが、犬の分はいいよ、ということでプレイエルは無賃乗車。何だか、皆さん、プレイエルには甘い・・・。
22111611.png
もう少しでブラッセル中央駅。降りる準備中。
22111612.png
中央駅から、メトロを利用して帰宅。お嬢さん、こんなにいい子に公共交通機関を利用できるんですよ~。

今回の旅の地図です。ルートは車の為、電車の部分とは合致していないですけれど、こんな感じです。
221116133.png

カナリア諸島の休暇の後、修理の済んだ車も戻ってきて、みんな元気にしています。

ちなみに、壊れたサイドミラーですが、鏡が割れただけで済みました。割れた鏡が電気のコードにぶら下がっていたのを、窓を開けて手で受け止めて、コードが切れないようにlakmeがずっと持っていたんですよ~。

なので、皆さんも、ぜひ、壊れたサイドミラーは綺麗にキャッチして下さい。

~おまけ~
22111613.jpg
ブラッセル南駅には、ベルギーの生んだヒーロー「タンタン」の絵があるんですよ。素敵でしょう?