天使の絵本 

もう一月ほど前の話しですが、日曜日の朝のミニ・ピアノコンサートへ行きました。
ボザール劇場へ行く途中、車を王宮の近くに駐車。
1703171.jpg
公園の入り口。この天使たち。。。
1703172.png
可愛いでしょう?

母が亡くなる前、お誕生日プレゼントにブラッセル旅行の思い出にと買った絵本があります。
1703173.jpg

「小天使ブリュッセルをゆく・・・」

ベルギーの絵本作家、ガブリエル・バンサンのデッサン調の絵本。
オリジナルは、フランス語、オランダ語、ドイツ語(3つともベルギーの公用語)と英語で併記されている絵本ですが、日本語訳版は英語を除いてあります。

1703174.jpg
このページの門が、上の写真。我が家の車をとめた場所。
1703175.jpg
そして、このまるまるとしたお腹の天使。この子も写真におさまっています。
この絵本には、ブラッセル中の天使の像が出てくるのです。lakmeのブログで、絵本の中の天使写真集をアップする予定(←この自分企画は何年も保留のまま。早くやりたい!)ですので、首を長くしてお待ちください(笑)。待ちきれない方は本屋さんへ!この素敵な絵本、こちらでは絶版のようで残念ながらオリジナルを見つけることができません。ひょっとすると日本語版しかないのかも・・・。

作者のガブリエル・バンサンはベルギーの女性作家さんで、有名な作品は「アンジュール」や「くまのアーネストおじさん」シリーズでしょうか。可愛らしい動物や子供が登場するものが多いですが、大人向けの哀愁漂う絵本もいくつかあります。

1703170.png

その昔、lakme、絵ばかり描いていて、絵本・童話作家になりたかったんです。
何度かこのブログでも書いていますが、ピーター・ラビットのシリーズ(←クリックでWikiへ)とカロリーヌとおともだち(←クリックで画像へ)というフランスの絵本のシリーズが大好きでした。

1703176.jpg
"mon chien Pleyel" lakmeによる、プレイエルの落書き@ブラッセルのカフェの壁

絵本作家にはならなかったけれど、今でも綺麗な絵本を見つけると買ってしまいます。特に旅先の美術館の子供コーナーで見つける絵本は秀逸なものが多いので、絵本を数冊お土産にしてしまいますね・・・。パートナー氏は???のようですけれど。

~ おまけ ~
1703179.png
ピアノの調律の日。プレイエルは、調律師さんの出す音を気にすることもなく、ぐっすりお昼寝していました。