犬の気持ち 

うちのプレイエルお嬢さんは、愛されている犬。お嬢さん自身は気づいているんだかどうだか・・・、ですけれど。

0807173.jpg
上目使いで、何を考えているんでしょう

パートナー氏は、犬は犬!と言いながら、lakmeより甘やかしている・・・。
私達には子供もいないので、子供の代わりですよね、と言ってくれる人もいますが、子供とは違う家族なんです。おそらく、お子さんと犬と両方いるご家庭ならとっても良くわかってくれると思いますが、代わりとか子供と同じとかじゃなくて、犬という立派な家族なんですよね。ペットを飼っている方は理解してくれるのかな、と思います。

0807171.jpg
走っている姿は野生の動物そのもののお嬢さん

最近、インスタグラムを始めたお嬢さんですが、フォロワーさん達の多くはワンちゃんのオーナーさん達です。
いろんな国の人達がプレイエルを可愛がってくれていますが、フォロワーさんの紹介文を見ると、多くのワンちゃん達が保護犬なんです。

0807172.jpg
動物って美しい・・・。お嬢さんが駆け抜ける姿を見るたびに思うのです。

どうして保護犬になったのでしょうか。それまで愛されていたのに、突然家族に不幸が訪れて、離ればなれになったのでしょうか。それとも、最初から家族に愛されることなくずっと誰かを待っていたのでしょうか。インスタで、新しい家族に愛されて幸せそうにしているワンちゃん達を見ると、いろいろ考えてしまいます。犬が話せたら、いろんな事を聞けるのに。

080717.jpg
ぐっすり眠っているプレイエル

現在テラスの工事中で、家の中で私の帰りを5時間近くじっと待っているお嬢さん。工事の騒音。暗い家(工事で石や屑が窓を割るといけないのでシャッターを閉じている箇所があり、家の中を見られないようにカーテンを閉めているのです)。たまたまみてもらった動物の鍼の先生に、環境の変化があったのではないかと指摘され、工事の説明をしたところ、「この犬は今辛そうですね。ちょっと鬱が入っています」と言われてしまいました。
思った以上に辛いということを知ってショック。もしプレイエルが話せたら、どんな文句が飛び出してくるんでしょう・・・。

0807179.jpg
ちょっと寒かった日に近くの公園でノーリードのお散歩

毎日午後は一目散に家に帰ってお散歩。ずっと外にいるわけにはいかないので、一緒に暗い家の中で過ごしています。お出かけも連れていける所限定。あ~、町では夏のセールをやっているのに、買い物には行っていないです!