愛らしいお客さん 

すっかり春っぽくなってきたと思っていたら、今週末は、ベルギーの東側、アルデンヌ地方は最低気温がマイナス3度ぐらいまで下がって、雪の予報が出ています。ブラッセルも昨日から急に寒くなってびっくりです。

それでも、気分はお花の季節。
2304169s.jpg
少し前にパートナー氏が買ってきたチューリップの花束。沢山生けるとかなり美人さん。
あまりにも有名すぎる「ドレミ~、ドレミ~」の童謡さえなければ、どんくさいイメージはなかったとは思うのですよね。バラはシューベルト、ライラックはラフマニノフに曲をもらっていて、エレガントな感じなんですけれどね。この単純明快すぎる歌が強烈すぎて、ちょっと可哀そうなチューリップなのです・・・。
2304161.jpg
毎年楽しみな借景!桜並木の家なので、こんな風に桜の花が見られます。何という贅沢!
(こちらの桜なので、大変濃いピンクで、なかなか散りませんが、それはそれで良いのです)

そして、桜が咲き終わる頃、庭に私の大好きな花が咲き始めます・・・。

ライラック

庭のある家に住んだら、バラとリンゴの花とライラックを植えようとずっと夢見ていた私。
今の家に移った2012年秋、庭にライラックの木があることを知って大喜びでした。
そして、今年も、つぼみをつけ始めました。。。

2304164.jpg
来週には花が咲くはず、とウキウキと今朝、ライラックを眺めていたところ。。。

愛らしいお客さんを発見!
(上の写真の中央からやや右下の丸い鳥のエサ入れのところに白とオレンジの毛色の小動物がいます)

2304165.jpg
Red squirrel (キタリス)(←クリックでWikiへ)が黄色い花の下に座っています。
私は、ピーターラビットのシリーズの大ファンなのですが、そのシリーズの中に「りすのナトキンのおはなし」(←クリックでイラストへ)という絵本があります。ナトキンは、このキタリスです。絵本の生まれた英国では、キタリスは絶滅危惧種で、ほとんど見ることができないそうですが、こちら大陸ヨーロッパでは比較的良く見かけます。近所でこのリスを見て以来、我が家にも来てほしくて、ずっと待っていたのですが、ようやくやって来てくれました(感動の涙)。

2304166.jpg
一生懸命、小鳥用のエサ入れからナッツやヒマワリの種を食べています。
2304167.jpg
なかなか食いしん坊なリスのようで、周りで小鳥たちがリスが去るのを待っていました。

実は先日、黒い飼いネコがお庭にやって来て、小鳥たちを狙っていたのです。ネコはとっても好きですけれど、我が家に小鳥がやってきてくれなくなってしまうので、可哀そうだったのですけれど、ネコを追い払いました。リスも、このネコに襲われるかもしれないので、ちょっと考えないといけません。

毎日いろんな小さなお客さんがやってくる我が家のお庭ですが、このお庭の主はボーダーコリーのお嬢さん。
2304162.jpg
春の緑の中を駆け抜けるお嬢さんは、なかなか凛々しいのです。

どうか、お花たちがこの寒い週末を乗り切れますように・・・。

~おまけ~
2304168.jpg
お嬢さんをぎゅ~すると、すごくイヤそうな顔をするんですよ。。。


Comments

花が綺麗です。

春・・・・・・・・・日本でも、ベルギーでも、
変りなく、同じように咲く花々が綺麗ですネ。

人の世の良からぬ出来事など全く素知らぬふりで、
何事も無かったように、今年も変わらず咲き始める美しい花々。
そして春の暖かさに誘われて活発に動き出す可愛い動物たち。
厳しく傷ついた私達人の心も、無垢なその自然の営みの美しさやあどけなさに、
おのずと静かに、心癒される季節です。

暖かく森の新緑も伸びやかな勢いを見せるそんな今日頃。
そのおかげかどうかは別として、
ご心配いただいた我が家の猫の小次郎の足の傷跡にも、スクスクと毛が伸び始め、
片や、勢い良く走るお転婆娘の「プレイエル」のストライドも、
しなやかにイキイキと伸びて、写真を見るだけでも中々爽快です。

随分と久しぶりのコメントになりましたが、
lakmeさんも、パートナー氏、そしてプレイエルも、
以前と変りない穏やかな暮らしの様子が伺え、自然と心落ち着く私です。

Re: 花が綺麗です。<オセロ22さま

> 春・・・・・・・・・日本でも、ベルギーでも、
> 変りなく、同じように咲く花々が綺麗ですネ。

本当にそうですね。地震、戦争で被災した土地、テロで破壊された駅、どれも悲しい跡が沢山残っている中、春になると、変わらずに花は咲いてくれます。どこからか種がやってきたのか、去年は見ていない花がぽちっと咲くこともしばしば。

> 暖かく森の新緑も伸びやかな勢いを見せるそんな今日頃。
> そのおかげかどうかは別として、
> ご心配いただいた我が家の猫の小次郎の足の傷跡にも、スクスクと毛が伸び始め、
> 片や、勢い良く走るお転婆娘の「プレイエル」のストライドも、
> しなやかにイキイキと伸びて、写真を見るだけでも中々爽快です。

小次郎もまた男前になりますね。よかった、よかった。
うちのプレイエルは、一日中犬小屋で寝ていた生活から、庭を訪れる動物たちを追いかける忙しい毎日へと変わりました。

> 随分と久しぶりのコメントになりましたが、
> lakmeさんも、パートナー氏、そしてプレイエルも、
> 以前と変りない穏やかな暮らしの様子が伺え、自然と心落ち着く私です。

ありがとうございます。ブラッセルの受けた傷は大きくて、まだすべてが元通りという訳ではありませんし、また、何かが起こるかもしれません。気を付けて生きていく・・・ってどうしたら良いのかわかりませんが、プレイエルの大好きな森は安全そうです。プレイエルに連れられて森へ行くことが一層増えそうな気がします。

Comment Post















Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackback URL
http://pleyelchen.blog.fc2.com/tb.php/543-af3fee35