ピアノの調子が。。。 

日本旅行から戻ってきて、すぐにピアノの練習を再開・・・、のはずが。。。

ピアノが完全に狂っていました。

私たちがベルギーを出たのが5月5日。その週末から約1週間、夏日のような日々だったそうです。そして、また元の涼しい15度前後の日々へ逆戻り。。。
私のピアノは1月に我が家に到着したばかりで、ピアノ屋さんから、半年は家に慣らす為、調律はしないように言われていました。ですけれど、これは、ちょっと・・・、というぐらいのひどい狂い方。急いでピアノの先生に連絡して、調律師さんを紹介してもらいました。さて、いつ調律をしてもらえることか・・・。それまでこの酔っぱらった感じのピッチが安定しない音で練習するのか・・・。かなり気持ち悪いです。。。

0906161.jpg
富良野のガラス職人さんが作った動物たちが愛らしいのです

現在、だらだらとメンデルスゾーンのロンド・カプリチオーゾの仕上げをしつつ、チャイコフスキーのトロイカを練習中。そして、次回レッスンまでに、新しい曲を決めるということで、ロシア的ということでこれにしました。

ラフマニノフ 「鐘」
(←クリックでyoutubeへ)

いろいろ選択肢はあったんですけれど、こんなくら~い曲に決まってしまいました。まあ、いいか・・・。
みなさんは、やっぱり、浅田真央さんを思い出すんでしょうか???

まあ、ピアノは狂ってしまいましたが、楽しいこともありました。

0906162.jpg
6月1日 ブラッセルのボザール劇場にて、ピッツバーグオーケストラのコンサート
ピアノが運び込まれまして・・・
0906163.jpg
ピアニストは、

Daniil Trifonov 君!!!

私の追っかけアイドルです。1月のコンサート(←過去のブログへ)ですっかり心を奪われましたからね(笑)

0906164.jpg
プログラムにサインをもらいましたよ。感動のラフマニノフのピアノ協奏曲第2番でした。

日本旅行の熱が冷めやらぬまま、Daniil君に会えて、もうすっかり疲れ気味のlakme。
最後の力を振り絞って、10月のDaniil君のコンサートチケットを予約しました(笑)。何しろ、演目には、ストラビンスキーの「ペトルーシュカ」(←クリックでyoutubeへ)がありますから。生で聴くのは初めて。すでに大興奮中です。

そして、ピアノと言えば、のパートナー氏のパパ(笑)。電話でパートナー氏と何を話しているのかと思いきや、パートナー氏に次はいつ戻ってくるのか?その時lakmeは一緒なのかと聞き、、、

「今、ピアノ演奏の録画をしてる!K(=パートナー氏の弟)にipadの操作方法を聞いたので、それをピアノに置いて、練習した曲から順番に録画しているんだ。」

まさかのピアノ自撮り。。。
パパが死んだら、みんなで録画したピアノ演奏を聴いて思い出して欲しいということらしい・・・。

「次にlakmeがうちを訪れたら、一曲録画するから、楽譜を持ってくるように言ってくれ。」

私も死んだら、みんなで私のピアノ演奏をぜひ楽しんでください・・・。

~ おまけ ~
0906165.jpg
お嬢さん、お休みですか?

Comments

お父様、なんと素晴らしい計画を!lakmeさんの参加も待ち遠しいことでしょう。

お住まいの土地は寒暖の差が激しいのですか?夏は30度冬はマイナス20度の町にいる義姉はピアノのメンテナンスに苦労しています。新しいピアノはなじむまで時間がかかりますけれど、その分楽しみでもありますね。

ピアノ調律&・・・・終活

結構ピアノは調律頻度必要でしょうね。

オマケ画像微笑ましいです(^^♪

孫のY嬢はピアノ調音に厳しいそうです。
我が家のピアノは暫く調律をさぼっています、今年はやらねばとプルママに云われていますね!
プルパパも終活気になり始めました・・

<とにさん

> お父様、なんと素晴らしい計画を!lakmeさんの参加も待ち遠しいことでしょう。

とにかく、義父は、ピアノ演奏が楽しくて楽しくて仕方がないんです。可愛いおじいちゃんですよ。

> お住まいの土地は寒暖の差が激しいのですか?夏は30度冬はマイナス20度の町にいる義姉はピアノのメンテナンスに苦労しています。新しいピアノはなじむまで時間がかかりますけれど、その分楽しみでもありますね。

暖房の時期が長かったのに、突然30Cで、また15Cみたいな温度差に持ちこたえられなかったんでしょうね。来週、調律師さんが来ますので、いろいろ聞いてみます。まさか、義父のように、ピアノに釘を打つような荒技はないと思いますが…。

Re: ピアノ調律&・・・・終活<プルパパさん

> 結構ピアノは調律頻度必要でしょうね。

来週が初めての調律なので、いろいろ聞いてみます。

> オマケ画像微笑ましいです(^^♪

ありがとうございます。ちょこっと見えるお嬢さんが可愛いんですよ〜。

> 孫のY嬢はピアノ調音に厳しいそうです。
> 我が家のピアノは暫く調律をさぼっています、今年はやらねばとプルママに云われていますね!
> プルパパも終活気になり始めました・・

ピアノはメンテさえすれば、結構長生きするので、お互い大事にしましょうね。
うちの義父の場合は、終活と言うよりは、ピアノが好きで好きでたまらないといったところでしょうか…。とりあえず、私もよく巻き込まれます(笑)

Comment Post















Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackback URL
http://pleyelchen.blog.fc2.com/tb.php/549-03a35bc7