ドイツへ小旅行 

ベルギーって、本当に地味でどん臭い国なんです、と何度言ったことか・・・。
しかも、夫はドイツ人なので、ベルギーのこと、さらに知らずにすでに約14年ほどベルギーに住んでいます。
7月初め、テロリストが住んでいることで有名になったモレンベークのお隣の、トレンディショップがいくつも並んでいるエリアに買い物へ行き、お腹がすいたので近くの中華料理屋で鴨ラーメンを食べていたら、BGMは、ワム!の「ラストクリスマス」(←クリックでYoutubeへ)でした。

「ここはどこ?私はだれ?」 的な異空間であったことは言うまでもありません。

7月に食べる鴨ラーメンの後ろでワムのラストクリスマスが流れている・・・、このどん臭い感じが、なんともナイスなベルギーなんですよ(←すでに慣れてきて愛すべき存在になりつつあります)。

そして、そんなどん臭い感じから逃れるかの如く、パートナー氏とlakme、ドイツへ小旅行に良く出ます(笑)。

~6月末 アーヘン、デュッセルドルフ~
このあたり、車で約2時間程度の話しですから。ドイツにしか売っていないものを買う場合は、この2つの町に行きます。
1507160.jpg
「lakme、早く洋服決めてよ。。。」 お店のお姉さんがお水をくれて一休みしているプレイエル。
1507161.png
デュッセルドルフに住んでいた作曲家のシューマンは、この町で川へ投身自殺を図りました。
1507160a.jpg
ドイツのケーキは、いつも果物がたっぷりで本当に大満足。ドイツ語、まだまだ読めないけれど、この犬の雑誌はセンスが良くて写真を見るだけでも楽しいのです。

~7月の週末~
毎年の恒例行事となったライン川沿いの町、Boppard(ボッパルト)とBacharach(バッハラッハ)への週末の旅行(←クリックで去年の旅行へ)。
1507168.jpg
ライン川を展望台から眺める
1507164.jpg
ハイキングコースの途中
1507165.jpg
大自然の中のプレイエルは本当に楽しそうに笑う
1507169.jpg
風が気持ち良さそう
1507166.jpg
ヒョウの住むジャングルで

さて、ドイツのケーキが日本のケーキのようにスポンジケーキでフルーツ一杯なのが嬉しいlakmeですが(ベルギーはフランス風でパイ生地のタルト系が多い)、もう一つ、ドイツと言えばの楽しみがあります。
Eiscafe アイスカフェ = アイスクリームパーラー
普通のアイスの他、日本で言うところの、パフェがものすごく沢山そろっていて見ていてワクワクします。
いつもは、イチゴや、野イチゴ系のパフェを食べるのですが、今回、初挑戦したのは・・・、
15071610.jpg
スパゲティアイス!
ドイツ人なら、みんな大好き。子供時代は必ずいつも食べていたスパゲティアイスは、名前の通り、バニラアイスをにょろにょろスパゲティのように出して、上にイチゴ系の赤いソースをかけた、いわゆる、ミートソースっぽく見せたアイスです。スパゲティ部分を盛り上げる為にも、お皿の上にホイップクリームがこんもり盛られていて、その上のにょろにょろのアイスが。赤いソースの上には、パルメザンチーズっぽくしあげた、ココナツのフレークとか、ホワイトチョコのフレークとかをかけるわけです。

まあ、単なる、バニラアイスのイチゴソースがけのことです。

私のデビューとなったこのスパゲティアイスは、かなり具沢山で、スパゲティ部分も大盛ですが、見た目より甘くはありません。でも、明らかに2人前ですね。。。

バッハラッハのワイナリーでお目当てのワインをたんまり買い込み、ハイキングに、お城のレストランでちょっとお洒落なディナーもできて、大満足でした。
15071611.jpg
お嬢さんも楽しかったと思いますよ。帰りの3時間の車の中、ずっとこんな風に寝ていましたね。

~おまけ~
1507167.jpg
上の写真のヒョウ、なかなかの大作なんですよ。かなり素敵。

Comments

Comment Post















Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackback URL
http://pleyelchen.blog.fc2.com/tb.php/553-0a045e1b