お友達の家で 

私には、1994年の夏に知り合ったザグレブ出身(クロアチアの首都)の友人Lちゃんがいます。
ロンドンの大学院に入る直前の夏に、大学院主催の言語学科音声学コースという2週間の一般公開コースがあって、そこに参加した時に同じクラスになったのです。
それから、かれこれ20年以上。。。彼女はそのコースの後、ザグレブに戻り就職します。lakmeは大学院修了後に東京に戻って就職。そして、またロンドンへ戻ると、Lちゃんが遊びに来て再会。その後、パリへ移動したところ、Lちゃんの親友がパリの大学にいるということで、またパリで再会。その後、ブラッセルへ移動したlakmeですが、Lちゃんがザグレブで働いていた会社というのが、ベルギーの会社だったことから、何度も出張でブラッセルへやってきては一緒に遊びました。そして、何年か前に、パートナーさんと息子のM君と一緒にブラッセルへ転勤してきたんです。何という腐れ縁!こんなに移動が多い私ですが、いっしょに平行移動する友人というのもいるのですね(笑)。

そして先週末、久しぶりにLちゃん宅へお茶に呼ばれたので行ってきました。ブラッセルから車で20~30分の緑の多いエリア。大きなお庭で本当にうらやましい。プレイエルは楽しそうに走り回っていました。
1308161.jpg
Lちゃんの犬、Mali(マリ)。ラブラドゥードルというラブラドールとプードルのミックス犬。
穏やかで、可愛いぬいぐるみのようなワンちゃんです。
1308162.jpg
Maliは随分とPleyelを気に入ったようですが、Pleyelはボールや木の枝の方に興味があるみたい。。。

息子のM君ですが、元気一杯の少年に成長しました。
1308163.jpg
プレイエルと仲良くなったみたいです。何年か前は、犬との遊び方がわからなかったみたいで、温厚なお嬢さんを怒らせてしまったんです。よかった、よかった・・・。

M君、実は自閉症です。言葉がうまく出てこないことから、5歳ぐらいの時にはっきりと診断されたようです。
大きな声をだして落ち着かず、コミュニケーションがうまくとれなかったのですが、今年の夏、アメリカで自閉症の子を持つ家庭の特別コースを受けたこの一家は、いろいろなことを先生から教わって、M君は見違えるほど成長していました。
ものすごくきれいなブルーの瞳をしているM君なのですが、今まで目を合わせてくれることはなかったのに、今週末、私の目を見てコミュニケーションをはかってくれたんです。嬉しい!

ベルギーでは、あまり自閉症の子達の教育については進んでいないそうで、何か月も学校に行けない状態でいるM君。
絵がとっても上手で、運動神経も抜群。もっと沢山お話がしたいなあ・・・。9月に一緒にBBQする予定なので、M君が好きだと言うお寿司を持っていってみようかな。

これから夏休みで北イタリアのドロミテ渓谷へ行きます。
どんな所かな?と思った方は、2014年の8月ごろのブログをご覧ください。2年前と同じところへ行きます。
夏休み紀行お楽しみに。

~ おまけ ~
1308164.png
魚拓ならぬ、犬拓
ここは、プレイエルが暑くてたまらない時に涼む一角ですが、移動した後プレイエルの跡が残ります。
今回は、とっても綺麗に残っていたので、写真に撮りました。笑える・・・。

Comments

なるほど犬拓ですね

lakmeさま、こんばんは。はつらつプレイエルちゃんは本当に犬らしくかわいいですね。M君とお友達になって良かったですね。ワンちゃんは無言のコミュニケーションで心を開いてくれるのかも知れませんね。なるほど「犬拓」ですね、子供の頃に見た三和土(タタキ)に残った飼い犬の影を思い出しました。Levallosbee

Re: なるほど犬拓ですね < Levallosbeeさん

> lakmeさま、こんばんは。はつらつプレイエルちゃんは本当に犬らしくかわいいですね。M君とお友達になって良かったですね。ワンちゃんは無言のコミュニケーションで心を開いてくれるのかも知れませんね。なるほど「犬拓」ですね、子供の頃に見た三和土(タタキ)に残った飼い犬の影を思い出しました。Levallosbee

こんにちは。うちの犬は子供が苦手なのですが、子供にいじられまくっても何とか耐えているような感じです・・・。
M君は、とても攻撃的で、プレイエルの目に指をさしてきたことがあったんです。さすがにM君のママも怒り、犬にそんなことをしてはいけないと。。。でも、M君とは意思の疎通ができなかったんですよね。。。プレイエルはとにかくその後、M君とは一定の距離を開けて災難を避けていました。ある意味、賢い犬です。。。今回、仲良く遊べて本当によかった。陽気なMaliのおかげでしょうね。

Comment Post















Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackback URL
http://pleyelchen.blog.fc2.com/tb.php/559-fc6f51aa