ドロミテの夏休み:エーデルワイス 

ドロミテのヘアカットが素敵な牛さんたち(←クリックでヘアスタイルを見られます)のお話はしましたが、山を歩いていると沢山のお馬さん達にも遭遇します。

0410160.jpg
美味しそうな物を持っているハイカーさん達をゆっくりと追いかけていくお馬さん達。小屋の後ろにはもっと沢山います。
0410161.jpg
こんな風に普通にあちこちに立っているのです。
写真を撮っていたら、後ろからにょきっと出てきたりとか、わりと普通にいる感じです。プレイエルもなれたのか、追いかけようとしたり、吠えたりはしません。牛さん達には吠えることがあるんですけどね。何が違うんでしょうね。。。

さて、アルプスと言えば・・・、ですが、エーデルワイスは、みんなから愛されているアルプスを代表するお花。
日本人なら、サウンド・オブ・ミュージックの歌で、おなじみですよね。。。
0410162.jpg
こんな風に、観光地のあちこちに植えられていたりするので、みんな見たことはあるのですが、

野生のエーデルワイスを見られるのは、一生に何回もありません。

観光のパンフレットや、絵葉書、チョコレートのパッケージによく写真がのっていたりするので、どこにでも生えている花と勘違いしがちですが、とっても珍しい花なのです。
パートナー氏も子供の頃に一度山登りをした際に、見たことがあるきり、一度も見たことがありません。
でも、植えられているものじゃなくて、本物を見たいな~~~、なんて思いながら山歩きをしていたのですが。。。
0410163.jpg
山の2330mの地点で写真を撮ろうと岩に上ったところ・・・、
0410164.jpg
あれ???プレイエルの足元にあるのは、ひょっとして。。。
0410165.jpg
エーデルワーイス、エーデルワーイス、エーヴリモーニングユーグリートミー
スノーエンドホワーイト、クリーンエンドブラーイト。。。
(←クリックでyoutubeへ)
↑ 感動のあまり、この曲が頭を駆け巡りましたね。。。(なんで、平仮名?って、この曲を習った時、英語が話せなかったので)

実は、lakme一同、別の日にもエーデルワイスを見つけることができました。感激のあまり、友達に自慢しましたね~。
本当にうれしかったです。皆様もアルプスを登る機会があれば、探してみてください。人が行かないような岩陰に咲いています。かなり群れをなして。。。

0410166.jpg
沢山のお花が咲いていて、アルプスはとっても素敵。プレイエルもお花畑で笑っています。。。

~ おまけ ~
0410167a.png
木の陰に隠れているお嬢さん。一緒によくかくれんぼをしながら山を歩くんですよ。

Comments

エーデルワイス

野生のエーデルワイズに会えて良かったですね~ プレイエルちゃんの笑っているお顔可愛いなぁ~
数少ないプルパパのフルートレパートリー「エーデルワイス」UーTUBE拝聴しました、ありがとうございます。

Re: エーデルワイス<プルートパパさん

お返事遅れました。
エーデルワイスがレパートリーとは。いい曲ですよね。やさしくて。
初めて花を見たときは、毛がふかふか生えていてびっくりしましたけれど、山で一生懸命咲いている花だとわかるような花ですね。
サウンドオブミュージックで、ナチに追われたオーストリア人の一家が、山でけなげに咲いているエーデルワイスを讃える歌を会場の観客と一緒に歌う。象徴的なシーンです。

Comment Post















Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackback URL
http://pleyelchen.blog.fc2.com/tb.php/565-d54f0aca