家族でピアノコンサート in ベルリン 

クリスマスはパートナー氏のパパの住むドイツのゲッティンゲンという町で過ごし、その後、仕事の為ブラッセルへ3日間戻ってから、毎年恒例、年末年始を過ごしにハンブルクへ移動。でも今回は、パートナー氏の家族と一緒に12月30日、ベルリンへコンサートに行くことになり、1泊2日でベルリンへ行ってきました。

ふふふ・・・、もちろん、
DANIIL TRIFONOV (ダニール・トリフォノフ)のコンサートですよ。
>>>過去の追っかけ記録その1はココを、その2はココを、ダメ押しのその3はココをクリック

1501171.png
ブラッセルに戻った数日間、クリスマスプレゼントのダニール君のDVDで、まず予習(笑)。

1501172.png
ベルリンのコンサートのポスター。
音楽好きな方はご存じかと思いますが、ベルリン・フィルハーモニーのシルベスター(=大晦日)コンサートは、とっても有名なコンサートで、31日のチケットを入手するのはとても困難。パートナー氏のパパは毎年行っているということですが、今回家族5人で行くことになり、スケジュールの関係や、チケット入手の難しさを考慮して、30日のコンサート(演目は同じ)に行くことになりました。
ダニール君、ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番を、サイモン・ラトル指揮のベルリン・フィルと演奏。
これは行くでしょう~~~(← 目がハート

ラフマニノフのピアノ協奏曲第三番は、第二番と同様にとっても有名ですけれど、

とりあえず長い!

この曲を堪能したい方は、映画「シャイン」(←クリックで解説へ)をご覧いただけると良いかと・・・。感動物語です。

1501177.png
ベルリンのコンサートホールで、前日セールで買ったワインレッドのワンピースを着てみました。
1501178.jpg
コンサート前にこんな表示を発見。ふふふ・・・。今や、ほんのちょっぴりドイツ語読めますからね。
インターバル時にサイン会ですよ!!!もう、これを目指すしかありません。
1507179.jpg
ダニール君の弾くスタンウェイのフルコンの前で

演奏は最高に良かったです。全てを出し切ったというような演奏でした。
第2番は半年ほど前に生を聴きましたが、今回の3番もテンポはゆっくりめ。ゆっくりすぎると、パートナー氏の弟は言っていましたけれど。。。ダニール君、突出した技術をもった若いピアニストですけれど、昔のピアニストのように情熱的に感動的に弾きます。最近リヒテルの第3番を聴きましたけれど、情熱的でゆっくりしたテンポでした。うちの母も、昔のピアニストはもっとゆっくり感動的に演奏していたと言っていましたっけ。。。好みの問題もあると思いますが、生で聴くと、本当に熱くて、心に響いてきます。速く、軽く弾く演奏もすきですけれどね。本当に、それぞれの美しさってあると思います。
ちなみに、31日の演奏は、ガラリと変わって淡々と演奏したそうで、別人のようだったそうです。

ということで、インターバルに入ったところでサインをもらう気満々!パートナー氏にホールの係員さんにどこでサイン会があるかスポットを確認してもらい、

lakme、猛ダッシュ!

列の先頭から5-6番目ぐらいでした(笑)
15071710.jpg
15071711.jpg
15071712.jpg
息切れしながら、「ごめんなさい。疲れていて」と、深呼吸をすると、にっこり笑いながらサインをしてくれました。
この可愛らしい25歳の青年が、あんなに素晴らしい心に響く演奏ができるなんて・・・。感動です。ありがとう。

15071713.jpg
第二部は、オーケストラの楽しい演奏。明るいサイモン・ラトルのスピーチと、完璧すぎるほど完璧なベルリン・フィルの演奏。
でもですね、前方の席にいたlakme。。。最前列のビオラのお兄さんの足が気になって、気になって(笑)。演奏に合わせて、足というか、脚全体が、あちこちにバタバタと動くんですよ。もう、目が離せなかったです。

15071714.jpg
楽しいコンサーの後、家族で遅い夕食へ向かいました。パパにはありがとう(これは、パパからの全員へのクリスマスプレゼント)、また行きましょうね!と言ったところ、自分は198?年から毎年ずっと来ている。来年もみんなで来たい!と嬉しそうにしていました。2017年の年末のブログ、どうなることかご期待下さい。

~おまけ~
15071715.jpg
「どこに行ってたの?」
コンサートの後、夕食をすませてホテルに戻ると、もう夜中でした。

Comments

素晴らしい演奏会でしたねね!!

サイン会の画像雰囲気が出ていました。

握手して戴きました?

はじめまして〜。
あ、ダニール君ファンがここにもいた〜!と思って読ませていただきました。
ダニール君ヨーロッパのコンサート多いですね。
私はアメリカ在住ですが、ヨーロッパほどのコンサートの数はないです。
ヨーロッパにお住まいで 気軽にあちこち行けていいですね。
またレポ楽しみにしてます。

Re: 素晴らしい演奏会でしたねね!!<プルパパさん

こんにちは
若いピアニストさんなんですが、ちょっと特異な感じがするぐらい年齢不詳の演奏をするんです。もう、ベテランの域に入っているといいますか。。。生で聴くと圧巻です。握手はしてもらいませんでしたが、3か月ごとにコンサート会場でお話させてもらっているという幸福感を味わっています(笑)。

ここまふぃんさん

> はじめまして〜。
こんにちは。何度かそちらにはおじゃまさせていただいてます。すごく練習されているんだなあ・・・、と。私は練習不足も手伝って、ピアノのレベルは停滞しています・・・。あ~、頑張らないと。

> あ、ダニール君ファンがここにもいた〜!と思って読ませていただきました。
> ダニール君ヨーロッパのコンサート多いですね。
> 私はアメリカ在住ですが、ヨーロッパほどのコンサートの数はないです。
> ヨーロッパにお住まいで 気軽にあちこち行けていいですね。
> またレポ楽しみにしてます。
ダニール君、アメリカ在住ということですけれど、ほとんどがワールドツアーですよね。そういう意味で、ヨーロッパにいると各国のコンサートに簡単に行けるので確かにラッキーです。ダニール君、各地で違う演目で演奏しているので、数か月毎に違う演目のコンサートに行けます。来月のミュンヘンではラフマニノフのコンチェルトを4つとも弾くという週がありますし、春にパリで一晩のコンサートでショパンのコンチェルト2つとも弾くというプログラムもあるんです。その合間にリサイタル。すごい体力!
また、行くと思いますので、レポートしますね!

Comment Post















Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackback URL
http://pleyelchen.blog.fc2.com/tb.php/576-c7a9fa5a