イースターのイギリス旅行 2 

イギリス旅行の写真集の続編です。
イギリスへ海を越える方法は3つあります。
1) 高速列車のEurostar:ブラッセル南駅から2時間程度でロンドンへ
2)ユーロトンネル:カレーから車でそのままトンネルを走る列車へ乗り込み、乗車したまま30分でフォークストーンへ
3)フェリー:車でフェリーに乗り、1時間半(カレー発)から2時間(ダンケルク発)でドーバーへ

我が家の場合、プレイエルがいる為、ペット持ち込み禁止の1)は×。
今までの犬連れイギリス旅行は、最短時間を選択してすべて2)でしたが、今回初めて3)フェリーでゆっくり海峡越え。

~写真集~
2504170.jpg
フェリーは大きかったです(笑)。船に吸い込まれるように乗り込んで、犬は車中に残したまま、人間のみ車から離れます。
2時間程度なら、お嬢さんは眠るでしょうから、特に問題ないはずですが、周りのワンコたちが結構ワンワンうるさかったので、ストレスにならなければ良いのですけれど。。。無言なのでわからず。でも、やっぱり寝てました。往復共に(笑)。
2504171a.png
St Margaret's at Cliffeのホテルのデコレーションが、可愛らしかった
2504172.jpg
朝ごはんの赤いトースターが素敵。でも、その前にあるMarmite(マーマイト)にイギリスに来たな・・・、と地味に感動。
マーマイトは衝撃的な不味さで、最初に食した28年前以降、一口も食べていません。
2504173.jpg
Ramsgateという町は、ちょっと寂れた感じの田舎の港町。でも、町のいたるところに、昔の栄華がちらほらと漂っている町でした。最近、リノベ等で盛り返してきているようで、デザイン賞的なものも取ったようですね。
このエレベーターは海岸へ降りていくもので、現役です。デザインが何とも美しい。
2504174.jpg
町の公園内にあるグリーンハウス。ここは小さなカフェになっていて、お茶やケーキを楽しめます。
2504175.jpg
Canterburyは、あの「カンタベリー物語」の舞台となったイギリスの古都。ここが、イギリスの英国国教会の総本山、カンタベリー大聖堂です。ただいま、リノベ中でカバーがされていたので、外観は撮影しませんでした。
2504175a.png
見事なステンドグラスの1つ
2504176.jpg
ホテルの朝ごはんを伝統的なイングリッシュ・ブレックファーストにしてみました。トースト、卵、ソーセージ、血のソーセージ、厚めのベーコン、焼いたマッシュルームとトマト。久しぶりに食べる英国式朝食で、お腹いっぱいに。
2504177.jpg
Margateという港町に立ち寄り、お茶。この町で見つけた素敵な車とキツネの絵がちょっといい感じでした
2504179.jpg
白い崖のドーバー。ブラッセルからトンネルを使えば車で3時間半~4時間。英国のEU離脱後も、観光は自由にできるようであってほしい。犬連れでも。(2011年までは、イギリスへ犬を連れていくには、半年前から獣医さんのチェックが必要でした。今は、EUのペットパスポートを持っていれば、数日前に獣医さんのところで検査薬を飲むだけ)

~おまけ~
25041799.png
「ドーバーの海岸には、沢山ワンちゃんがいるんだよ。プレイエルももっと遊びに来たいな」


Comments

旅行 写真集 楽しみました

こんにちは pleyel ちゃん 嬉しそうな お顔を していますね 写真集 楽しく 拝見させていただきました 本当に ヨーロッパは 素敵な 国々ですね

Re: 旅行 写真集 楽しみました < プルートパパさん

> こんにちは pleyel ちゃん 嬉しそうな お顔を していますね 写真集 楽しく 拝見させていただきました 本当に ヨーロッパは 素敵な 国々ですね

こんにちは。いつもご訪問ありがとうございます。
フランスのノルマンディーやブルターニュ、近そうで遠い上、交通渋滞、沢山の人等々・・・、ついつい海の逆側、大英帝国に行ってしまいがちな私達です。EU離脱でこんなに簡単にいかれなくなるのでしょうか。ますますヨーロッパの将来が気になります。

Comment Post















Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackback URL
http://pleyelchen.blog.fc2.com/tb.php/588-05bd3016