ピアノのレッスンとコンサート 

久しぶりですよね~。ピアノの話。だって、

全然上達しなくて、お話しすることがないんです

浮気をしながらの、ラフマニノフのプレリュード23-2。遅々として進まず。
それでも、先月カタツムリもびっくりの速度で最後まで到達したlakme。今の課題の一つが、

ワニに食べられないように弾くこと。

0405173.jpg
あちこちにワニは出現しているのです。
0405172x.jpg
最後のページのワニ

ワニはどこからやってきたのかと言いますと、あまりの難曲に疲れてきたlakme。練習中に適当に流してきてしまいまして・・・。

「次の音が何でどこに行くかわかってから指を鍵盤から離してそこに着地!」
lakme: 先生、でも、あせって指をはなしちゃいます。
「川岸で川を飛び越える時に着地地点を考えないで飛ぶと川に落ちるのと一緒で、ちゃんとわかってから飛ぶこと。」
lakme: 川に落ちたら、ワニに指を食べられちゃいますね。
「そうよっ!!!だから、飛ぶ先がわかるまで指を離さないで!」

0405174.jpg
そんなわけで、ワニ注意

練習中は音をペダルでひっかけといて、指がちょっと迷ってから着地って多いかも。次の音の最終確認ができるまで、離さずにじっと堪えて指を置いておくって難しかったりします。みなさんもお試しあれ。

さて、4月末にこちらは3連休があり、lakme一家、どこにいくか考えているうちに日が経ち、迷いに迷って、
ピアニストのDaniil Trifonov君に行く先を決めていただきました。
04051711.jpg
4月30日ドイツのドルトムントでのショパンのピアノ協奏曲第一番、第二番の連続演奏コンサートへ。
0405178.jpg
このドルトムントのコンサートホールにはJAZZピアニストのチック・コリアのクラシックコンサートで来たことがありましたが、音響が素晴らしいです。
0405179.jpg
ドルトムントコンサートホールのマスコット、翼のついたサイ。

演奏は素晴らしかったですよ。特に後から弾いた1番は感動ものです。2つの協奏曲を一晩で弾くなんて、すごい!マーラー室内楽団との共演でしたが、指揮は元ピアニストのPletnevさん。この楽団は世界中から若い人を呼んできて構成しているとのこと。チェロのお兄さんがイケメンでした(笑)。
そして、コンサートの感動冷めやらぬまま、コンサート会場のピアノショップをのぞいてみると、まさかのコラボ製品が・・・。

ピアノ界のロールスロイス STEINWAY と、
ブンデスリーガの有名チーム ボルシアドルトムント のコラボグランドピアノ
 Steinway公式ページは、ココをクリック
 ボルシアドルトムント公式ページは、ココをクリック

04051710.jpg
左下2番目が、香川のサイン SK と思われます(笑)
STEINWAYの188センチモデルAで、ボルシアドルトムント仕様&選手のサイン入りで86870ユーロ。日本円で約1千8十万円ぐらいですね。

(演奏に)感動と(コラボピアノに)衝撃のドルトムントの夜でしたが、ますますDaniil君まっしぐらになったlakmeです。

~おまけ~
0405171a.png
我が家のピアノ、調整中

Comments

Comment Post















Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackback URL
http://pleyelchen.blog.fc2.com/tb.php/591-d0acbcf8