ドロミテの夏休み 2017年 その1 

8月の南チロル地方への旅行ですが、楽しすぎて今年もまたハイジ症候群にかかっているlakmeとPleyelです。ハイジ症候群というのは、lakmeが勝手に命名した「山に帰りたくて仕方がない」症状のことですが、今年は重傷でして、ブログを書き溜めする週末も含み4日ほど寝込んでしまい、今日にいたりました・・・。

8月11日に南チロル地方のドロミテ地方(←Wikiへ)を目指しました。
地理のお勉強ですが、チロル地方(青枠内)の北部はオーストリア、南チロル地方は北イタリアです。ちなみに、北チロルという呼び方はないとのこと。
0909171x.png
この南チロルの一部山岳地帯であるドロミテエリアの主要都市は赤い星印のBolzano(イタリア語。発音はボルツァーノ。ドイツ語は、Bozen ボーツェン)。青い星印のブラッセルからBolzanoまでは車で約9時間半~10時間(走行距離980kmぐらい)。一気に運転するのは疲れるので、今年もUlm(ウルム)という町に一泊し、2日かけて行きました。
参考までに他の都市も入れてあります//ハート:ロンドン、三角:パリ、楕円:アムステルダム、四角:ミュンヘン、五角形:ウィーン (Franceの文字の上、緑の線が約100km)

この一帯は農業と観光業が主要産業のようで、夏は登山客、冬はスキー客が多く訪れるリゾート地で、ドロミテ一帯はユネスコに自然遺産として登録されています。
日本人にはわかりにくいですが、南チロル地方はイタリアですが、第一言語はドイツ語です。これは、かつてはオーストリアの一部であった為です。ゲルマン文化・気質が色濃いことからも、イタリア的なカオスはなく、マフィアとの癒着もなく、きちんと物事が運んでいくということのようです(ヨーロッパ人談)。

3度めとなると、もう一度歩きたいハイキングルートや、まだ制覇していない山、食べたい物(←重要)等、目標がクリアーになってなかなか良いものです(笑)。今回は2週間別荘を借りて自炊にしたため、念願の地元のスーパーで買い物もできましたし(←その土地のスーパーに行くのって楽しいんですよ)。

~ 写真集 いろいろ編 ~

0909172.jpg
こんな感じで、あちこちに牛さんがいます。
0909173.jpg
この地方の牛さんは、こんな感じのグレーな子で、ホルシュタインはあまり見かけません。
余談ですが、去年のブログに牛さんの素敵なヘアスタイル特集(←クリックで飛びます)がありますので、是非ご覧ください。
0909175.jpg
のどが乾いたら、牛さんもやってくる水飲み場へ。渓流の水は美味しいのです。
0909176.jpg
ワイン街道のワイン畑で見つけた、先がとがった形のブドウ。
0909177.jpg
真っ赤なポルシェ(のトラクター)が勢ぞろい。
0909179.jpg
山ばかりでなく、綺麗な湖(Goellersee)もあります。

0909178.jpg
この辺りの山にはmarmot(マーモット)と呼ばれる大きなネズミのような動物が住んでいます。ハイカーさんが山道を通っても無反応ですが、犬が通ると大きく鋭い声で仲間に危険を知らせます。岩の上に後足で立ったガードマン役のマーモットを何度か見たことがありますが、アフリカのミーアキャットみたいなイメージ(笑)
09091710.jpg
この崖の後ろの岩の上にマーモットが立っていました。声が聞こえてきたら、犬はリードにつなぎましょう。追いかけてこんな崖っぷちから落ちたら大変です。Seceda 2518mにて(Sankt Ulrichからケーブルカーにて登頂)。

つづく

Comments

素晴らしい山岳風景

アルプスのハイジーを連想してみました。
2週間の滞在夢の中の様ですね!!
牛さん、葡萄、湖、そしてプレイエルちゃんとLakmeさんの可愛いカッコイイ画像に魅入てしまいました。最初と最後の風景画像素晴らしいですね!

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

プレイエル ちゃん

昨日 大人の街歩き テレビ番組で 2014年 の再放送です ピアニスト 西水佳代 さんが ショパンの 解説で フランスの ピアノプレイエルを知りました🎵
Lakmeさんのピアノはプレイエルでしょうね?

Re: 素晴らしい山岳風景<プルートパパさん

本当にハイジの気持ちがよくわかります。もう、毎年のことですが、9月は山に帰りたいと涙しています。

Re: プレイエル ちゃん<プルートパパさん

> 昨日 大人の街歩き テレビ番組で 2014年 の再放送です ピアニスト 西水佳代 さんが ショパンの 解説で フランスの ピアノプレイエルを知りました🎵
> Lakmeさんのピアノはプレイエルでしょうね?
残念ながらCBです。 プレイエルお嬢さんに出会う前まで、ピアノカラーの黒白のオスのボーダーコリーを飼う予定でした。名前もベヒシュタインの予定でしたが、、、お嬢さんに一目惚れ。セーブルの可愛い女の子だったので、プレイエルになりました。
プレイエルの名前についてのブログです。http://pleyelchen.blog.fc2.com/blog-entry-8.html
プレイエル社倒産時のブログです。http://pleyelchen.blog.fc2.com/blog-entry-374.html
コンサートホールのプレイエルもクラシック界から消えてしまいました。一つの時代が終わったな、という感じです。

Comment Post















Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackback URL
http://pleyelchen.blog.fc2.com/tb.php/606-8f29f401