セーブル&ホワイトのボーダーコリー 

芸術の秋ですね。プレイエルの10月のカレンダーをかかげ、親バカ・犬バカ全開のlakmeです。

0610171a.png
*babaちゃま作(←クリックでダウンロードのページへ)

Pleyelのインスタグラムですが、いろんな方々からちょこちょことハートマークいただいておりまして、かなり喜んでいます。
ボーダーコリー、犬、ピアノ、刺繍、陶器といったカテゴリーから検索してじわじわとフォローをしていっていますが、ボーダーコリーで検索しても、やっぱりプレイエルのような毛の色の子はとっても少ないですね。

そんな中、ブロガーのbabaちゃまさんが上のカレンダーを作って下さって、涙涙の大感激。
ボーダーコリーグッズが世の中に出回ってきていても、セーブル&ホワイトの毛色の子のものは皆無ですから。なので、プレイエルがイラストになったというだけで、もう感動ものです。

と、大喜びしている中、babaちゃまさんからまたご一報が。。。

0710172.png

と~っても可愛くないですか???

上の子は、babaちゃまさんのヴィッキーちゃんで、下の子は、もちろんPleyelです(←目がハート)。
babaちゃまさんの描いた素敵なイラストは、いくつか無料でダウンロードができるのですが、この中にプレイエルも入れていただきました。プレイエルをおうちに連れて帰りたい方や、babaちゃまさんの素敵なイラストをちょこっと拝借したい方は、是非、ココをクリックして下さい。沢山のイラストの中から、プレイエルを探してくださいね。

プレイエルのイラストの元になった写真、どれも写真を撮った時のことを思い出せます。
特に、このパピー時代の写真にいたっては、鮮明に覚えているんですよね。。。本当に可愛くて。
0710173b.jpg
Pleyel 生後3か月ごろ 2011年6月上旬撮影
この写真、このブログ上での紹介はすでに3回目だったりします。もう、可愛いくて~(笑)。

babaちゃまさん、本当にありがとうございました!

~おまけ~
0710174.png
Pleyel 6歳半 2017年10月1日撮影
「lakmeは、上の子犬時代のプレイエルの写真が好きすぎて、額に入れて飾ってるんだよ。今のプレイエルの方が可愛いと思うんだけどな。」

Comments

リンクをありがとうございます。
最後の写真
笑顔のプレイエルちゃんが
とっても可愛い♥

<babaちゃま

> リンクをありがとうございます。
> 最後の写真
> 笑顔のプレイエルちゃんが
> とっても可愛い♥

ありがとうございます。
インスタはプレイエルの笑顔で満載です!また描いて下さい。

ブログ訪問ありがとうございました。
ヨーロッパでボーダーコリーと生活、、、
とても素敵ですね♪
プレイエルちゃんも珍しいカラーでとっても可愛いです。
これからも更新楽しみにしています~

こんばんは、Levalloisbeeです。やっぱりプレイエルちゃんは利発でかわいいですね、特に、3か月のお写真を初めて拝見して。ドロミテは素敵なところですね、機会があればぜひ行ってみたいです。

<アイさん

ハリネズミさんがいらっしゃるおうちですよね。
はじめまして。ハリネズミ、うちにも来たことありますよ。レスキューセンターへ連れて行きましたが。。。
http://pleyelchen.blog.fc2.com/blog-entry-453.html ←その時のブログ
日本ではペットとしてはやっているようですね。こちらでは、野生の動物で、人間とうまく共存している感じです。

<Levalloisbeeさん

ご訪問ありがとうございます。いつも楽しいお話読ませていただいています。特に、Levalloisbeeさんの動物もののサイエンス物語は、本にまとめていただきたいぐらいです。
プレイエルは、良い子ですよ~。賢いかどうかはどもかく・・・(苦笑)。とにかく、こちらの話しを理解しようと一生懸命です。

COMMENT返信ありがとうございます。
記事読ませていただきました。
野生のハリネズミ!600gないと
冬を越せないとは日本で飼われている
ペットのハリネズミよりかなり大きそうですね。
それにしてもタワシっ気が強くて可愛い、、、。
ハリネズミレスキューもあるということで
動物思いな国なのでしょうか?^^
とてもいい勉強になりました♪

よろしければブログリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?

<アイさん

ハリネズミ、その他野生動物のレスキューセンターは、欧州はどこでもあるのかな?と思います。
私が住んでいたイギリス、フランス、ベルギーと、夫が住んでいたドイツぐらいしかわかりませんが、けがをした野生動物を保護するセンターはだれでもアクセスができるように何等かの形で名前が見つけられます。
イギリスでは、子供たちが学校の修学旅行で怪我した野生動物を見つけた場合どうすべきかを教えていました。かなり組織がはっきりしていて、自分の地区のセンターに気軽に相談できるようになっていましたね。感動しました。
リンク、どうぞよろしくお願いします。

Comment Post















Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackback URL
http://pleyelchen.blog.fc2.com/tb.php/611-ae8d79c4