ピアノコンサートと本 

私の追っかけピアニスト、ダニール・トリフォノフ君がショパンのCDをリリース。
現在、ツアーをしており(← 常に世界中をツアーしてますが)、お隣の国、ルクセンブルクのホールでも演奏するというので、行ってきました。

10月21日(土)夜8時開演 @フィルハーモニーコンサートホール
2510171.png
もう、楽しみで、楽しみで、コンサートホールの目の前のホテルを予約して、出発!

ルクセンブルクは、日本ではあまり知られていない国ではありますが、金融で成り立っている小さな国です。
ルクセンブルク語とフランス語の他、ドイツ語が話されていて、英語も通じます。
ヨーロッパ人にとっては、「お金持ちの退屈な小国」というイメージが正しいと思われます。

初訪問のlakmeですが、予想通り、こじんまりとこぎれいな街並みにちょっぴり感動。
とりあえず、遅くなったのでランチをしにレストランへ・・・。そこで受け取ったEメールに驚愕!

2510172.png

キャンセルですよ!ダニール君、病気ですよ!!

25101713a.png
一気に沈むlakmeですが、せめてもの記念にホールの看板の前で撮影。(看板も「キャンセル」と書いてあります)

涙ながらに翌日、ベルギーの我が家に帰宅。
最近買った伝説のピアニスト、グレン・グールド(←クリックでWikiへ)の本を読んで、別のピアノ・モードに突入することに。

2210171.jpg

この本は、ピアノをされている海外在住のブロガーさんがご紹介されていたもので、面白そうだったのでAmazonで購入。
昨年末に出版された英語の漫画ですが、オリジナルはフランス語のようですね。(英語翻訳版と記載されていました)

グールドは奇人変人だったようですが、とにかく犬が大好きで、犬との話が数多く残っています。
漫画にも何匹か登場しますが、その一部を・・・。
2210172.jpg
2210173.jpg
可愛いな・・・。そして、本当に犬が大好きだったみたいですね(笑)

少し前にlakmeが書いたグールドの犬のエピソードについては、ココをクリックで飛びますが、最後に飼っていた犬はプレイエルそっくりです!!!

本ですが、グールドの人生について書いてあるのかと思いきや、抽象的でアーティスティックな感じの内容でした。ですので、グールドの人生を深く知りたいという方には向いていませんが、巻末にグールドの録音した曲の解説や、作者がこの作品をを製作中に聴いていたというグールドの曲がリストアップされています。今度、ゆっくり音楽と合わせて本を堪能したいと思います。多分、そういう感じの本ですね。

~ おまけ ~
2210175.jpg
我が家のお嬢様、ピアノの近くがお気に入り。ピアノを調子よく弾いていると、横で寝ていることもあります。

Comments

今日の話題

ピアノ演奏会残念でしたね、次の機会まで楽しみを取っておきましょう。プレイエルちゃんも一緒にルクセンブルクまで行かれたのですか?
グールドさんのことネットで調べました、プルパパパの関心のあるヘルマンマンヘッセ&漱石の「草枕」を愛読していたと知り何故か嬉しくなりました。

エピソードの記事プレイバックし、プルパパのコメントとlakmeさんのレスに再会しました(*^▽^*)

ピアノのプレイエルちゃん心を癒されました、落ち着いて気持ちよさそう・・・

Re: 今日の話題 < プルパパさん

ルクセンブルクは、車で2時間程度なんです。ブログにはアップしていませんが、小さな都市は緑が多くて、プレイエルと一緒にリードなしのお散歩しました。楽しそうでしたよ~。でも、その後、コンサートがキャンセルになった知らせを受けて、一気にブルーになりましたけど。
プレイエルは、どこにでも連れて行きます。でも、飛行機にはのせたくないので、飛行機を使う旅の時は預けますね。

ダニール君の リサイタル キャンセルなんてそれはショックでしたね〜〜。
病気って一体どうしたんでしょう~
グールドの本届いたんですね。
フランス語が原語とは知りませんでした。
私は図書館から 2度目に借りてまた読みました。でも買っちゃおうかな~

<ここまふぃんさん

> ダニール君の リサイタル キャンセルなんてそれはショックでしたね〜〜。
> 病気って一体どうしたんでしょう~

その後のコンサートは北米で、FBによりますと回復して素敵なコンサートをしたようです。
あ~、残念。でも、病気が治って良かったです。

> グールドの本届いたんですね。
> フランス語が原語とは知りませんでした。
> 私は図書館から 2度目に借りてまた読みました。でも買っちゃおうかな~

買っちゃいましょう!!!
それにしても、素敵な本をご紹介いただいてありがとうございました。
お名前出そうかなと思ったのですけれど、OKをもらっていなかったのでそのままにしました。
また、そちらのブログにもうかがいますね。

Comment Post















Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackback URL
http://pleyelchen.blog.fc2.com/tb.php/613-3dc7cee8