デュッセルドルフへ ~追っかけは続く~ 

先月、10月21日、ダニール君のルクセンブルクでのコンサートの為、1泊2日の日帰り旅行をしてきましたが、当日まさかのキャンセル。ダニール君、病気になってしまったのでした。(ココをクリックで、その時のブログへ)
ダニール君は10月初めに新しいショパンをテーマにしたCDを発表したばかりで、コンサートはCDの曲を演奏する予定でした。
そのCDにはショパンのピアノ協奏曲が2曲とも入っていますが、4月のドルトムントでのコンサートのライブ録音です。
そして、このライブ録音をしたコンサートにLakmeは行っていたりします。(ココをクリックすると、その時のブログへ)

どんだけ、追っかければ気がすむんですか???という感じですが、ルクセンブルクが撃沈だったので、11月20日(月)のデュッセルドルフでの同じ演目のコンサートへさらなる追っかけをしてまいりました!

デュッセルドルフは車で2時間ちょっとの距離。そんなに大したことではありません(←運転はパートナー氏ですから)。
3011171v.png
コンサート前にお買いもの。子犬の頃は怖くて乗れなかったエスカレーターを克服したプレイエル。
3011173v.png
宝飾店のティファニーに用事があったので立ち寄ると素敵なツリーが。
ティファニーの店員さんに犬用クッキーをもらって、プレイエルはご機嫌に。
3011172v.png
デュッセルドルフに来たら、ここに寄って手作りの犬のクッキーを買います。
今回、お店にオーナーさんにまたしても遭遇。オーナーさん、かつてブラッセルに住んでいたので、いろいろと話が盛り上がりました。お嬢さんはリードなしでお店中を探検していました。クッキーも沢山もらってさらにご機嫌に。

コンサートホールはTonhalle Duesseldorfというホールで、戦前に造られたプラネタリウムをホールへ改築したものだそう。
3011174v.png
プラネタリウムっぽいドーム型の屋根。
3011175.jpg
席から見たピアノの位置はこんな感じ。
残っていた最後の2枚のチケットを買ったのですが、ホールが小さいのでダニール君の演奏中の表情がよく見えました。
ラフマニノフのショパンのバリエーションが良かったですね。ああ、やっぱり素敵だなあ・・・。(目がハート)

プレイエルを車の中に残して一人ぼっちにしてきてしまったので、サインをもらうために並ぶのはあきらめて、急いでホールを後に。(大好きなダニール君とは言え、プレイエルお嬢さんにはかないません(笑))

3011176.jpg
ダニール君の何がいいの?と聞かれたら、水がさらさらと流れるようなタッチでしょうか・・・。ロマンチックこの上ない、でも、ものすごく精密で正確な演奏です。個人的には、ロシアの作曲家とショパンが上手いと思います(スラブ系ってことでしょうか)。時々、昔の演奏家のようにゆっくりめに情熱的な演奏をすることもあります。でも濃すぎる(?)こともなく、いいんですよね。。。
批評家の人達は、リヒテルやホロヴィッツと比べることがありますね。でも、もっと柔らかいですね。

ダニール君とダニール君の先生の4手のコンサートに行きたいのですが、なかなかチャンスが巡って来ず。。。でも、いつかきっと追っかけてみせます!!!

~ おまけ ~
3011177v.png
「ピアノおしまいにして、プレイエルと遊ぼうよ。。。」
こんな風に見つめられると、練習続行は難しいです(苦笑)。

Comments

素晴らしい演奏

素晴らしい演奏会 追っかけ 楽しく拝見しましたプレイエルちゃんは とっても可愛いから みんなに 好かれるのですね プルパパも 40代の頃 加藤登紀子さんのコンサートを追っかけました 何かに夢中になることは とても ハッピーにな気持ちになりますね

Re: 素晴らしい演奏 < プルートパパさん

> 素晴らしい演奏会 追っかけ 楽しく拝見しましたプレイエルちゃんは とっても可愛いから みんなに 好かれるのですね プルパパも 40代の頃 加藤登紀子さんのコンサートを追っかけました 何かに夢中になることは とても ハッピーにな気持ちになりますね

加藤登紀子さん!憧れの女性ですね。追っかけされていたんですか?追っかけって、本当に楽しいですよね。ダニール君、まだ若いので、いつまででも追っかけできそうで、老後が楽しみです

Comment Post















Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackback URL
http://pleyelchen.blog.fc2.com/tb.php/617-5a841a6f