ピアノのこと 

フランス人のピアノ教師A先生に出会ったのは2014年秋のこと。(ココをクリックでA先生の過去記事検索結果へ)
色々あって前の先生のレッスンをやめて、気分転換に町の音楽教室でレッスンを受けることにしたのでした。

2905182x.jpg

この教室で時間の割り振りで決まったのがA先生。ところが3か月程で先生はこの教室をやめることに。
私は教室をやめて個人レッスンを受けることになったのでした。

2905183.jpg

フランスのアルザス出身で、パリ生活をしていた、とってもフランス人女子なA先生。
1年半ほど前にパリに移り住んだ後も、月に2度ブラッセルへピアノと室内楽を教えに来ていたのです。
でも、とうとうこちらでのレッスンをやめることになってしまいました。



いつか来られなくなる日が来るのはわかっていたのですけれどね。もう少し教えて欲しかったです。
最後のレッスンからすでに4か月たちますが、練習する気がしなくて。
ショパンのエオリアンハープ、チャイコフスキーの四季から11月トロイカ、5月白夜をちょこちょこ練習してみたり。
でも、やる気でないです(苦笑)

そんな中、ふとしたことで耳にした曲があって、この曲を弾きたくなったので、また弾こうかなと思っています。

LYRICA NOVA Op.59 by Sergei Bortkiewicz (←クリックでYoutubeへ)
*22:54あたりにスタートします

3曲で構成されているうちの最初の曲を弾きたいと思っています。良い先生に巡り合えますように。

~おまけ~
2905181.jpg
A先生には5月のパリ旅行中に会いました。先生は残念そうだったけれど、またパリやブラッセル、先生のコンサートで会いましょう!とお酒を飲みながらおしゃべりをして、楽しい時を過ごしました。
そして先生が一言 「私がいなくても、練習してね」→ 汗
LYRICA NOVA、弾けるようになりたいです。

Comments

Comment Post















Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackback URL
http://pleyelchen.blog.fc2.com/tb.php/642-d15c07e2