どんな時でも 

このしばらくの間いろいろな事があって、そして7月の終わりにはモスクワにいました。
lakmeの家族は、何十年も前にモスクワに住んでいましたが、今回のモスクワ訪問は、日本へ引っ越しをして以来の事でした。

モスクワへ行く前、バタバタと忙しくしていましたが、ふとしたきっかけで、この絵本を入手できました。
0508180.jpg
「霧の中のハリネズミ」
同名タイトルのロシアの短編アニメーションを絵本にしたものです。(Youtubeで検索すると出てきますので是非ご覧下さい)
lakmeの大事な絵本コレクションにロシアの絵本が加わって、ロシア行きがますます楽しみになったのでした。

そして、lakme母が小さなlakmeに絶対に触らせなかった手描きのコーヒーカップ(写真左)。
かなり大きくなってから、ようやくお許しをもらって使わせてもらえた時の感動は忘れません(それにしても、母は意地悪)
眺めては、もう一つ欲しいなと思っていました。
0508181.jpg
写真右は今回のモスクワ訪問で購入

ロシア、色々な思い出があって、とても楽しみにしていました。
でも、今回の旅は少しだけ違って、パートナー氏と沈んで帰ってくることになりました。
仕方がありません。こういう事もあるのです。でも、必ずみんなに同じように朝はやってくるし、雨も降ってくるし。

預けていたお嬢さんが帰宅して、いつものように「濡れた黒い鼻ドリル攻撃(←クリックで過去のドリルの記事へ)」でパートナー氏を起こしてくれます。
0508182.jpg
「起きて!」 ぐいぐいと濡れた黒い鼻を腕の下へ
0508183.jpg
「やった~!」 見事に腕の城壁は陥落
0508184.jpg
「朝のお散歩の時間だよ!」 散歩の交渉に入るお嬢さん

何があっても、お嬢さんがいれば沈んでばかりはいられません。
ぼーっと家でじっとしていても、朝も午後も夜もお散歩に出かけないといけないのです。
0508185.jpg
我が家のムードメーカーのお嬢さん。暑いから森に行って森林浴でもしようか?
何が何でも外へ連れ出してくれるお嬢さんには感謝なのです。

~おまけ~
0508186.jpg
昨日の夜、ガサガサと音がするので庭をのぞくと、ハリネズミが庭をあちこち歩き回って、最後は鳥のために置いた水をず飲んでいました。絵本のように可愛らしいハリネズミくん。我が家に遊びに来てくれて嬉しいな。

Comments

こんにちは。お久しぶりです。

人生色々ありますよね。嬉しいことも悲しいことも受け入れるしかありません。

でも少しでも悲しみを軽減させる方法はありますよね。例えばお嬢さんとのお散歩やハグ。濡れた黒い鼻ドリル攻撃もそうですよね。

かわいいハリネズミは南カリフォルニアでは見たことがありません。コチラではアライグマが無花果を狙って来ています。かわいいけど、私も無花果が好きなので戦っています。

< しょうがさん

お返事できずにごめんなさい。夏休み中です。
久しぶりの大波に煽られてしまい、人からも勧められて、夏休みを取る事に。
お嬢さんは、久しぶりの長いお休みに大興奮しているようで、毎晩ばったりと寝ています。

Comment Post















Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackback URL
http://pleyelchen.blog.fc2.com/tb.php/651-76cdc5c8