Paris への旅 in 2018 

5月19日から21日の連休は快晴。昨年6月にパリ(←クリックで去年のブログへ)に行って以来、約1年ぶりにパリに行きました。

久しぶりのパリだったのですが、相変わらず無計画な私たち。。。直前にこんな感じ・・・、と適当に決めて出発。
到着早々、パートナー氏はロイヤルウェディングのTV中継に釘付け(パートナー氏、こういうのが好きなんですよね)で、なかなか外出しようとしないので、ホテルに置いていこうかと思ったぐらいです。
0306183.jpg
凱旋門は観光客だらけ
0306181.jpg
Musée Maillolでの藤田嗣治展に行きました。猫の絵で有名な藤田の犬の絵を発見(笑)
0306182.jpg
ご飯はブラッセリー(食堂)系で食べる、家庭料理的なものが本当に美味しい。
0306189.jpg
パートナー氏の未踏の地、ペールラシェーズ墓地へ。この道のアパートに20年ほど前住んでいました。
この墓地は大きくて緑豊かな公園のよう。有名人がたくさん眠っています。
オスカー・ワイルド、ショパン、エディット・ピアフ、マリア・カラス、モジリアニ、アングル等々、お墓の地図がありますので、地図を見てお目当てのお墓を探すことができます。アメリカ人観光客のお目当てはジム・モリソン。
この道に住んでいたころ、度々墓地を横切って反対側まで歩いて出かけていましたが、オスカー・ワイルド、ショパン、プーランクのお墓にはよく挨拶していました(笑) 今回、Piano Pleyelの創業者、イグナス・プレイエルのお墓を発見。我が家のお嬢さんの名前はこの方からいただきましたので、我が家のプレイエルは元気ですと一言ご挨拶(笑)

そして、パートナー氏を一度連れて行きたかった大好きな場所。オペラ・ガルニエへ。
0306185.jpg
パリのオペラ座、ガルニエ宮と言えば、このシャガールの天井が有名ですが、建物全体が美しいのです。オーディオガイドを使って2時間かけて歩いて見学をしてきました。
0306187.jpg
階段のカーブがたまりません。
0306186.jpg
かつては迎賓館として使われていたというのもわかりますよね。
ここでは主にバレエが上演されますが(オペラはもう一つのオペラ座であるバスティーユ)、幕間にここで飲み物が飲めます。

とにかく、おフランスなオペラ・ガルニエ。住んでいたころは大好きなバレエを見によくでかけました。
たまに特別展をやっていて、来月はピカソの舞台がテーマの特別展だったと思います。私が最後に見たのはバレエの舞台展でしたが、展示の横のパネルに書いてある文章を、誰かが赤ペン入れていました。フランス語、正確に文章を書くのが難しいですからね~。

3日間、セーヌ川沿いや町中をよく歩いたのですが(一日で万歩計21653歩を記録)、以前よりずいぶん犬の数が増えていてびっくりです。かつて、メトロに犬連れでは乗れなかったと思うのですが、ボーダーコリーを2匹連れた人がメトロに!
0306188.jpg
サン・ルイ島の有名なアイスクリーム屋さんにもボーダーコリーが並んでいましたよ。

パリは歩いてどこにでも行けるコンパクトな街。それにカフェが沢山あってちょっと休憩もできるので楽しいです。
美術館、博物館、いつも一流の展覧会があるし、コンサートも充実しているので、いつ行っても大満足な街。また住みたいな・・・。
次はいつ行けるでしょうか。

~おまけ~
0306184.jpg
パリ住まいだった時、毎朝パンを買いに行っていたパン屋さんに張り紙が。ワンコはダメよっていうことなんですが、パリのワンコが思い描くパンはクロワッサンなのね。

Boppard & Bacharach への旅 in 2018 

5月10日~13日の4日間、ドイツのRheingau(ラインガウ)地方のBoppard(ボッパルト)とBacharach(バッハラッハ)に行きました。

何度も行っている先なので、過去の旅の話は下をクリックしてください。
Boppardの話
Bacharachの話
一緒に行くことがほとんどなので、ページが重複しています。地図&解説は昔ほど丁寧です(笑)

~ラインガウ旅行 写真集~
2505182.jpg
Boppardのホテルは、これで3度目の滞在。趣があって、好きなんですよね。
2505183.jpg
ヨーロッパの古いホテルに多いカーペットの階段。プレイエルの毛を取るのが大変そう・・・。
2505181.jpg
アールデコ調の椅子の前で。このホテルにはあちこち古い家具が飾ってあって素敵。

Boppardは、ライン川のほとりの町。ブドウ畑や緑深い草原や森に囲まれています。
2505184.jpg
プレイエル連れの時は、ハイキングはかかせません。ライン川を眺めながら10㎞のコースを2本楽しみました。
2505185.jpg
森を抜けると草原だったり。。。緑の中を元気いっぱいに走るプレイエル。

でもですね・・・。元気すぎて暑くなってくると・・・、
2505186.jpg
こうなるんですよ。あっという間に水に飛び込んで、泥パック(涙) してやった感満々の顔。
2505187.jpg
どろどろに汚れるといつも楽しそうに笑うお嬢さん
2505188.jpg
ハイキングコースの小川で洗濯。。。顔も泥ついてるよ~!
2505189.jpg
町の手前のライン川でも洗濯。。。ぜんぜん、落ちなかったですよ。この泥!!!

ホテルに入っても大丈夫そうなレベルにまで何とか綺麗にして、Bacharachへワインを買いに出かけました。
25051810.jpg
Bacharachは昔ながらのドイツの街並みが残った小さな町です。沢山のワイナリーがあって、我が家のお気に入りもここに。
また来年も行けるかな?

誕生日の旅行2つ 

北ヨーロッパの5月は最高にいい季節。
お誕生日月でもあって、しかも祝日が3日ほどあるので、お休みも多くて本当に素晴らしい!

なので・・・、お誕生日祝いもかねて、今月はドイツのBoppardとフランスのParisと2つの旅行を楽しみました。
どちらも何度行っても楽しい!

2205180.jpg
Boppardのあるライン川沿岸は白ワイン、リースリングの産地。ハイキングも楽しかったです。
2205181.jpg
Parisは快晴。お友達にも会えたし、美術館にも3つ行ったし、大満足。

今週末は、ドイツの素敵なレストランを予約したので、そちらへ日帰り旅行の予定。
明るい5月を満喫中です。
旅行のアップはいつになるでしょうか・・・。

~おまけ~
2205182.jpg
Lakme4歳になる直前。なんだか人形のよう。

お誕生日 

lakmeのお誕生日です。何十年か前の今日、大きな地震があって、びっくり仰天したlakmeは2週間早めに登場したと聞いています。
確かに学校でも似たような話を数名の同級生から聞きましたっけ。

1605181.jpg
「lakme、お誕生日おめでとう!」
パートナー氏、奮発して大きなバラの花束をプレゼントしてくれたのですが、大きすぎて花瓶に入らない(笑)
なので、普段はテラス用のテーブルにかけるテーブルクロスを丸めて入れている大きなガラスの容器に飾ってくれました。

先週は25度越えの日々が続いて、午後はせっせと庭いじりをしていました。お蔭様で手にひっかき傷がたくさん。
1605182.png
オリーブではなく、プラム。今年はあまり実がつきませんでした。
1605183.png
梨!この木を植えてから3-4年?ようやく実がついたみたいです。嬉しいな。
1605184.jpg
5年前に植えたリンゴの木。場所を移動したら実のつきがよくなったみたい。
1605185.jpg
昨年植えたリンゴの木(その1)。なかなか立派な木なので、冬の間、鳥たちがよく遊びに来ていました。
1605186.jpg
昨年植えたリンゴの木(その2)。他のリンゴとは実の形が違うみたいです。
植木屋さん曰く、おそらく~~~という名前のリンゴなのだけれどわからないと言われました。なんでも、台風がやってきて、何本かの木の札が飛んでいってしまい、名前のわからない木が何本もあるのだとか。まあ、いいです。実ってから考えましょう(笑)
1605187.jpg
Gooseberry(セイヨウスグリ)も今年は結構実をつけました。でも、また鳥さんたちに食べられてしまうのでしょうけれど。

5月のヨーロッパは本当に緑あふれて輝いている感じです。日が長くなって夜9時すぎまで明るいので気持ちもおおらかになります。
こんな月に誕生日というのもラッキーなlakmeです。先週末は連休だったので、ドイツのライン川へハイキング旅行に行ってきました。この旅行の話は次回に。

~ おまけ ~
1605188.jpg
従姉が日本から送ってくれた栗カボチャの種も元気に芽を出してきました。
それにしても、庭いじりをしていると邪魔してくるお嬢さん。枝を持ってきては投げてと催促してくるのです。なので、枝を投げながら種をまいたり、草を刈ったり。。。一緒に仲良くお庭で何時間も過ごすのです。

花の季節 

ゆっくりと日々を過ごしているうちに大好きなライラックとリンゴの花の季節がやってきました。

0605187.jpg
我が家にはなかなか立派なライラックが咲きます。お気に入りは薄い紫色。
0605183.jpg
一本だけ生けて、プレイエルお嬢さん生後4か月ごろの写真の前に。両方とも可愛い(笑)

前回のブログでも紹介させていただいた素敵なブロガーのbabaちゃまに、プレイエル製グランドピアノを弾くプレイエルのイラストの手直しをお願いしていました。

0605181.jpg
赤いドレスのプレイエル
0605182.jpg
花柄のドレスのプレイエル

何が前回のイラストと違うかわかりますか???ライラックです!
庭のライラックを花瓶に差した写真をお渡しして、付け足して頂いたのです。素敵でしょう!(一人で大興奮!)

プレイエルの血統書上の名前には、Lilas(フランス語でライラック)が入っているので、ぜひライラックを置いてほしいとお願いしていたのです。もう、大感激。お嬢さん、何を演奏しているのでしょうか。。。ショパンのワルツ?ドビュッシーの喜びの島?それとも、ラフマニノフのライラック?色々想像して下さいね。

ずいぶん前にもブログに書いていますが、夢はバラとライラックとリンゴの花の咲く家に住むことでした。
ちょっと前に夢がかなって、バラもライラックもリンゴの木も庭で育てることができています。何という幸せ!
でも、リンゴの木はちょっと弱い木で、今ひとつ元気がないので、昨年2本追加。これで、元気を出してもう少し実がつくかな。。。と。(リンゴは他の木からの花粉で受粉しないと実がつかないのです) 
先週末は、ドイツのパートナー氏の実家へ行っていましたが、庭に立派なリンゴの木があります。
0605184.jpg
沢山のリンゴの白い花。本当に可愛らしい。うっとりです。いいな~。うちのリンゴの木もこんなに立派になってほしい。
0605185.jpg
実家のあるゲッティンゲンの緑深い森で楽しそうに散歩を満喫したお嬢さん。

そして、この季節は北ヨーロッパ人が待ちに待った白アスパラの季節でもあります。
0605180.jpg
ドイツ産とオランダ産の白アスパラは太くておいしいのです。今回は何本か買って帰ってきました。
ゆでたポテトを添えるのがスタンダードですが、今回はなし。美味しかったです!

最近のベルギーは初夏の暖かさと快晴続き。今日は日中25度ぐらいあったので、終わりかけたライラックを見ながら庭で日光浴しました。ライラックが終わると、我が家の庭はバラが咲き乱れます。もう幾つもつぼみがついていて、楽しみです。

~ おまけ ~
0605186.jpg
Aktion Eichhoernchen (= リス作戦)と書いてあるレトロな可愛らしい缶をドイツのスーパーで発見
乾パンのようなものらしく、非常食として置いておくものみたいです。なるほど、、、。リスは冬眠する前に木の実をいろんな所に隠して、おなかが空いたら掘り出して食べるんですよね。ずいぶん可愛らしい非常食のネーミングで、笑ってしまいました。